張本勲の名言|常に不安だったから必死に練習した

挫折もしたし、恵まれた生い立ちでもなかったので、常に不安がありました。だから必死に練習した。良い時が続くわけがないと思ってしまうから。

張本勲 の経歴

張本勲、はりもと・いさお。日本のプロ野球選手(外野手)。広島県出身。5歳の時に広島で被爆。小学5年時に野球を開始。浪商高校野球部を経て東映フライヤーズ(のちの日本ハムファイターズ)に入団。日本ハムファイターズ、読売ジャイアンツ、ロッテオリオンズなどで活躍。安打製造機と称えられ、3000本安打を達成。引退後はプロ野球解説者、コメンテーターとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人によって野球観は違うので、ほかの方がどう考えているのかわかりませんが、私は監督で勝つ試合はないと思っています。プレーするのはあくまで選手ですから、監督のミスで負けた試合はあっても、監督の采配で勝ったという試合はまずないのではないでしょうか。

小川淳司の名言|監督で勝つ試合はない


どうしてもしなければならない勉強をするには、アウトプットを先に決めるという方法があります。自ら勉強会の進行役を買ってでるなどして、本を読まなくてはならない状況に自分を追い込むのです。アウトプットを決めることで自然とインプットができるようになります。

小倉広の名言|勉強したければアウトプットを先に決める


当社に限らず多くの会社を見ても、生きるか死ぬかという局面での踏ん張りが次の成長につながっています。だから赤字部門を任された人は、腐らずにラッキーだと思って欲しいのです。赤字部門の立て直しは面白いし、実現できたら会社の伝説の人になれるのですから。

田中仁の名言|死ぬか生きるかという局面での踏ん張りが成長につながる


数字を上げるためにも、効率化ではなく、とにかくいい家をつくり続ける。もしそこで妥協してしまうと、当社は全く違う会社になってしまう。ですからそこだけはブレないようにしている。

小池信三の名言|とにかくいい家をつくり続ける


ジェスチャーや立ち居振る舞いは、プレゼンにおいて「本気」を相手に伝えるための技術です。

五十嵐健の名言|プレゼンで本気を相手に伝えるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ