北尾吉孝の名言|人生において大切なのは、「得」より「徳」

人生において大切なのは、「得」より「徳」です。お金に対する相場観があって金銭感覚に優れていることも大事ですが、それより「ビジネスパーソンとして人間を磨き続けているかどうか」が重要です。人間を磨き続けることが、最終的にお金を生むのです。

北尾吉孝 の経歴

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。「SBIホールディングス」CEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、ケンブリッジ大学経済学部卒業。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経、ソフトバンク常務などを経てソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は自分なりの価値基準を決めて、情報を取捨選択します。情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。たとえば「この人が言っているので間違いない」といった具合です。

友達がいない、できないと嘆く人がいますが、本当の友人というものは、一生のうちに一人か二人できるかできないかのものなのです。厳密に言えば一生涯出会わない人の方がほとんどです。

既存客にルーティンでモノを売っているだけで利益が上がる部署の社員の方が、社運をかけた新規事業の立ち上げで奮闘している社員よりもいい評価を得られるケースは珍しくない。目の前の評価に一喜一憂しても仕方ない。

「君子は多ならんや」というように、あれもこれもできるわけがありません。やりたいことが数多くあっても、ある程度の絞り込みは必要です。絞り込みの基準は、好き嫌いでいいと思います。好きなことがたくさんあるという人は、好きなことを2つは極めることができないと自分に言い聞かせて、より自分の心が湧き立つ方に絞り込むべきでしょう。

「攻撃は最大の防御」と言うように、自分を守るためなのです。攻撃欲が強い人は、実は臆病な意気地なしです。自分の弱さを隠すために、人を攻撃するのです。

多くの社長は日常の細々したことに口を出し過ぎています。長期的な視点を忘れてしまいますし、社員は自らで物事を考えなくなってしまいます。

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。

あなたが善人になろうとするならば、まずあなたが悪い部分が持つことを知れ。

私たちが重視しているのが入念なコンサルティングです。お客様が新たなリーダーを求めているのは何のためなのか、それが事業にどのようなインパクトを与えるのか、しっかりと理解したうえで、成果につながる提案を行います。

長く社長をやっていれば、社内のあちこちにひずみが出てきます。ミスミは「経営のモルモット」と評され、たとえば人事施策では社内公募制度を大企業に先駆けていち早く導入するなど、ビジョン(経営理念)を追ってきました。やや理想に振りすぎた感じがあるので、ここ(社長交代)で少し現実に戻そうということです。

ページの先頭へ