中村獅童の名言|「こうなりたい」と思わなければ何も叶わない

人生で夢を持つことは大切。「こうなりたい」と思わなければ何も叶いません。理想を高く掲げて、それを実現するために努力を積み重ねてゆくのは、役者もビジネスパーソンも一緒だと思います。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まだみんなが竹槍で戦っているときに、いち早く飛行機を手に入れて空から攻撃すれば簡単に勝てる。IT化というのは空中戦ができるようにするための道具。

小山昇の名言|IT化というのは空中戦ができるようにするための道具


僕が「一番」というのは、決して利益や売上げの一番ではなく、一番良いプロダクトを提供し、お客様に一番喜んでいただける企業グループになろうという意味で使っています。そうなれば、スタッフも自分の仕事に誇りを持てて、自然と笑顔になりますし、その結果、お客様も笑顔になり、利益の向上につながっていきます。

熊谷正寿の名言|一番良いプロダクトを提供し、お客様に一番喜んでいただける企業グループになろう


組織は大きくても、まるで中小企業のように経営している会社ってありますでしょ。例えばスティーブ=ジョブズが経営に復帰してからのアップル。あそこはアップルらしさが一本、ズドーンと通っていて、かつ外部に発信されていますから。ああいうことは大企業でも、やろうと思えばできる可能性はある。結果的に、アップルという会社には強烈なファンが沢山いますでしょ。ただ、逆に、アップルのように経営するのが大企業にとって難しいというのはありますね(笑)。アップルは、ジョブズという一人の人間が会社を体現していますから。彼自身のイメージや価値観が、組織の末端や商品の細部にいたるまで行き渡って、首尾一貫したブランドイメージを作り出していますしね。

小阪裕司の名言・格言|首尾一貫したブランドイメージをつくる


無謀な投資にならないよう、スタートアップする事業に全部キャップを付けています。例えば「KOE」なら50億円のキャップです。累積赤字が50億円出た段階で、どんなに将来性があっても、そこで終わりです。直営店も2年赤字で退店です。すべての事業が同様で、R&Dにどんどん突っ込み、店も拡大しても、ここまで来たら畳むと決めてある。だからこそ思い切り走ることができるのです。

石川康晴の名言|撤退条件を決めておく


世の中には、解決できない不具合はない。つらいことはありましたが、開発時の不具合と同じで、最終的には何とかなると思っていました。

村山滋の名言|世の中には、解決できない不具合はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ