中村獅童の名言|「こうなりたい」と思わなければ何も叶わない

人生で夢を持つことは大切。「こうなりたい」と思わなければ何も叶いません。理想を高く掲げて、それを実現するために努力を積み重ねてゆくのは、役者もビジネスパーソンも一緒だと思います。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外国語は長文や会話の中で、その状況を含めて丸ごと覚えるといいでしょう。昔からよく言われることですが、「習うより慣れろ」が一番です。

役人の世界の常識では、上司に「NO」を突き付けられたら「終わり」を意味したのですが、「それなら理解してもらえるために工夫しよう」と考えました。そこで、漫画を描くのが得意な方に頼み、システムのイメージをイラストに仕立ててもらったのです。上司や自民党の先生方などに賛同をいただき、このシステムは日の目を見ることができました。

合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。

およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず大きな利益をもたらすからである。

私がもう少し若いころは現場によく出かけました。東京・秋葉原などの売り場です。店員がいろんな情報を教えてくれました。顧客からのクレーム集なんかも熟読し、返事も出しました。Jフォンがドコモやauを追撃できるようなところまで成長できたのも、マーケットのニーズを知るほかに業界の中でのポジションを冷静に把握し、目の前のライバルの一挙手一投足をじっくり観察した結果です。写メールのヒットは決して偶然ではなかったのだと思います。

日本橋に青空を。1964年の東京オリンピックの時に日本橋の上に架けられた首都高速の高架道路を、街づくりに合わせて地下に移設するなど工夫し、日本橋に青空を取り戻したい。社長だった10年以上前に言い始めた当初、世間は「何をバカなこと言っているのか」という反応でしたが、言い続けるうち最近では、夢ではなくどう実現するかという具体的な話になってきました。

どんな仕事でもはじめから上手くいくものはありません。はじめは失敗ばかりが続く苦しい時期があります。ただどんな仕事でもやると決めたら、時間がかかっても、怒鳴られまくっても、最後までやり続けてきました。

リストラの危機はすぐそこまで迫っています。いまから何ができるのかをよく考えて、あらゆる対策を立てて欲しい。

目標と上手に折り合いをつけて心穏やかに過ごすことは、不可能ではありません。禅の世界では、目標を先に設定してそれを達成すべく努力するという、一般社会とは反対の考え方をします。「今、できること」をそのつど一心に行なっていけば、結果は自ずとついてくる、という考え方をするのです。

意外に忘れやすいのが他者に評価してもらうことです。自分では慎重なタイプだと思っていても、他人からは軽率と評価されていることもあります。その場合、他者の評価の方が大事です。自己評価と他者評価に落差がある人ほど、自分のことがわかっていないのです。

ページの先頭へ