佐々木典士の名言|捨てるかどうかで迷ったときの対処法

捨てるかどうかで迷ったら、箱にいったんしまって、一定期間後に再検討すると、捨てやすくなる。

佐々木典士 の経歴

佐々木典士、ささき・ふみお。日本の編集者、ミニマリスト。香川県出身。早稲田大学教育学部卒業。学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部、ワニブックスなどで編集者として活躍。著書に『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』『掃除・片づけ・捨てる 新技術』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

閉塞感を打ち破るためにも、人材の多様性が重要。

田中通泰の名言|閉塞感を打ち破るためにも、人材の多様性が重要


いくら仕事だから、と割り切って考えたところで、そのままでは、ストレスに耐えられなくなってしまうケースも。しかし、「どうしてあの人はあんなにどうしようもないんだろう!」と憤ってみたところで、相手が変わるわけではありません。ましてや面と向かって非難したりしたら、かえって関係を悪くするだけでしょう。ですから、ここで発想を転換してみてはどうでしょうか。相手や環境は簡単には変えられませんが、自分の意識は自分で変えることができます。自分のやり方次第で、ストレス・フリーな人間関係を築くこともできるのです。

藤井佐和子の名言|相手や環境は簡単に変えられないが、自分の意識は自分で変えられる


かつて私に対して守安(功)が盾突いてきたように、守安に対して物をズバズバと言う次世代のリーダーをちゃんと育てることができていなかった、という反省もあります。そこで「ネクストボード」と呼ぶ次世代リーダー11人を集めた組織を作りました。「南場さんそこおかしいよ」「守安さん、それはやめなきゃだめだよ」と言ってくれるような、新たな視点や勇気を期待しています。

南場智子の名言|トップに対して物をズバズバと言う次世代のリーダーをちゃんと育てる


人がモノを買う時、買わない時の違いは、結局は「そそられるか」「そそられないか」だけ。「そそる」商品を提供していかなければいけない。

庄野直之の名言|人がモノを買う時、買わない時の違い


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ