佐々木典士の名言|モノはあるだけで、仕事を邪魔するノイズを出している

モノはあるだけで、仕事を邪魔するノイズを出している。「未処理の書類」は最悪で、「まだ終えていない……」と自覚させられる。そうしたネガティブな雑念が邪魔をして、作業に集中できなくする。

佐々木典士 の経歴

佐々木典士、ささき・ふみお。日本の編集者、ミニマリスト。香川県出身。早稲田大学教育学部卒業。学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部、ワニブックスなどで編集者として活躍。著書に『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』『掃除・片づけ・捨てる 新技術』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言葉が分からなくても話しかける。相手の懐に入っていく。その勇気を持てば、語学の上達はあとからついてくる。

トヨタのための商社にとどまっていたら強みである自動車も強くならないし、自動車生産の周辺ビジネスだけをしているようではグループの期待に応えられない。グループのビジネスにとどまらない役割を目指しています。

「ムカつくことがあっても仕返しは考えない」人は論理性が高く、感情で動くことが少ない。そして、人のことが気にならない傾向にある人だ。冷静に状況を判断して自分の感情をコントロールできるという点からも、お金に愛されやすい。

言語は共感するためだけのものではなく、思考するための道具として使うものであるという認識がなければ、小説に対して需要は生まれないでしょう。もちろん、自分の感情を非常にチャーミングな文章で書くこと自体はいいわけです。しかし、それだけでは時代に迎合した言葉が、次から次へと登場しては霧散していくというサイクルに閉じてしまう。

人の器により、それぞれ使うは君の職(仕事)なり。ゆえに見損ずるときは、君の過(過失)なり。

最近は、割り勘にするケースも増えているようですが、やっぱり上司が払うべきだと思いますよ。人としてもっとも恥ずべきことの1つは「吝嗇」。いわゆる「お金にセコイ」ことです。「一宿一飯の恩義を忘れない」と言いますが、自分のお金でご馳走し、部下の話を聞く上司には、自然と部下はついてくるようになります。お金をキレイに使うことで、人徳を積む訓練になるのです。

ストレスはうつ病の原因となりますから、できるのならば、軽減したほうがいいでしょう。ただ、ストレス耐性は人によって異なります。

復旧が一段落してのち、被災中、鉄道の全線が寸断され通信もまったく不通の中で、緊急の措置によって、旅客の安全をはかった従業員を表彰することになり、労務部で調査したところ、表彰を受けるものの多くが日ごろ上司の付けている人事考課が良くないのに気が付いた。

頑張っていると応援して下さる方も出てきます。いろいろな人が見てくれている。

戦略論とかマーケティング論の本を読むと、いまのものってソリューションが書いてあるんですよ。ところが、歴史小説にはそれが書いていないので、自分の脳みそを使って引っ張ってくる。この過程が楽しいんですね。戦国の武将ものを読んでいても、何が課題で、どう対応して、どういう解決策を見出すか。小説の中だと、まず「何が課題か」というところから入れるわけですよ。

ページの先頭へ