平井嘉朗の名言|判断基準になるのは志や価値観

その時その時の判断基準になるのは、やはり志や価値観。それが、実際の言葉や行動に出ますから。

平井嘉朗 の経歴

平井嘉朗、ひらい・よしろう。日本の経営者。事務機器メーカー「イトーキ」社長。東京都出身。関西学院大学経済学部卒業後、イトーキに入社。労組委員長、人事部長、営業戦略統括部長、執行役員などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社に事件が発生しても、平気な顔をして、にこにこと落ち着いているのがあったら、それはものになる人物だ。しっかり見極めて、将来、重要なポストに据えることだ。事業家の片腕になれるのは、そういう人物でなければならない。逃げ腰になって、辞めるという者は、辞めさせろ。決して止めたりするな。

織田大蔵の名言|経営者の片腕にすべき人物像


マーケットが変化するなら、売り手側も変化しなくてはならない。その際、忘れてならないのは、新たな需要は店の中ではなく、常に外にあるということです。コンビニの店舗というプラットホームの意味を問い直し、いまは店の外にあるが、顧客の潜在的なニーズを掘り起こす商品やサービスを取り込み、照準を絞り込んでレコメンド(推奨)し、新しい価値を続けていく。これを絶えず繰り返していけば、単身世帯や共働き世帯の増加を背景に、新しい市場を生み出していくこともできます。

鈴木敏文の名言・格言|コンビニがいま取り扱っていない商品サービスを取り込んで新たな市場を開拓する


変わってほしくない立場にある人は、変化のスピードをどうしても甘めに評価します。ここは注意して見ておかなければなりません。デジタルカメラが出始めたころ、大手フィルムメーカーのトップは「デジタルがフィルムと置き換わるには10年かかる」と公言していました。しかし、実際には3年くらいしかかかりませんでした。

永守重信の名言|発言者の立場を考慮に入れて話を聞く


多くの場合、教える者の権威が、学ぼうとする者の邪魔をする。

モンテーニュの名言|多くの場合、教える者の権威が、学ぼうとする者の邪魔をする


人は権限が好きだから、通常、自らそれを捨てようとはしません。そして、やがて目の前の権限を維持・拡大しようとするようになるものなのです。この時も、全社的に見ればおかしいと気づいた社員もいたかもしれません。でも、弊害があることにはっきりと気づかなければ、そのままになってしまうものです。それは、どんな組織でも同じではないでしょうか。

松本晃の名言|組織がおかしくなる原因


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ