ケリー・マクゴニガルの名言|受容の姿勢を持つことによって、自分の中にある素晴らしい力や洞察力にアクセスすることができる

受容の姿勢を持つことによって、自分の中にある素晴らしい力や洞察力にアクセスすることができる。

ケリー・マクゴニガル の経歴

ケリー・マクゴニガル。アメリカの健康心理学者。ニュージャージー州出身。ボストン大学卒業、スタンフォード大学で博士号を取得。スタンフォード大学心理学講師などを務めた。著書に『スタンフォードの自分を変える教室』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

この人なら喜んでついて行く。あるいは、あの人となら運命を共にしてもよい、と仲間から信頼される人こそが真のリーダー。

先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。

本当に売りたきゃ簡単だよ。まず、のれんにどういう主張を出すのか。たとえば、「目黒のさんまひとすじ、焼いてます」その横に品書きを出して「さんま定食680円」そうすると、行ってみようかなと思いますよね。そんなものだと思うんですよ。チラシを配るにしても、余計なことは書かずに、お客様の興味を引くようなコピーだけを読みやすいきれいな字で書いておく。割引だなんだのってごちゃごちゃしたのはいらないの。

叱るより褒める方が教育上はるかに効果的だというのは、部下の育成全般についていえることです。

自分についてきてくれる人を何人つくれるかが勝負だと思いました。半年で5人つくれるかも。もし1人でも理解者を得られなかったら、その時点で会社を去ることも考えたでしょう。
【覚書き|経営再建のためパイロットを辞めて役員になった当時を振り返っての発言】

目標達成度を賞与に反映する仕組みを取り入れたところ、目標値のレベルが徐々に下がりはじめました。「目標を低くして達成率をあげよう」という思いが、ここの社員や部門に働いたのです。

これまで私達は「コンラッド東京」や「シャングリ・ラ・ホテル東京」、「ウェスティンホテル仙台」などを誘致しており、特に相手を決めずに、その場所やプロジェクトに合ったパートナーを選ぶことにしています。今後も特定の相手とのみパートナーシップを結ぶ考えではありません。

必要なのはイノベーションによるバリューアップ。同じ機械で10円の商品を100個つくるのではなく、100円の商品を10個つくる。コストダウンではなく、高くても欲しいと思う付加価値の高い仕事をする必要がある。

貧者は昨日のために今日つとめ、昨年のために今年つとめる。それゆえ終身苦しんでも、そのかいがない。
富者は明日のために今日つとめ、来年のために今年つとめるから、安楽自在ですることなすことみな成就する。

面白いと思ったことは長続きする。専門外だったチューブポンプの開発も、チューブのコントロールの難しさに、かえってやる気がわき、夢中になった。

ページの先頭へ