星野佳路の名言|既成概念を一度取り外してみる

「こうでなければならない」と思い込むことで、様々な可能性やチャンス、成長のきっかけを逃してしまう恐れがある。既成概念を一度取り外してみると、想像以上に素晴らしい経験や豊富なチャンス、様々な出会いが得られるかもしれません。

星野佳路 の経歴

星野佳路、ほしの・よしはる。日本の経営者。星野リゾート社長。長野県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、米国コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。日本航空開発、シティバンクを経て、星野リゾート社長。リゾナーレ、アルツ磐梯リゾート、アルファリゾート・トマムなどを傘下に収め、ホテルや旅館の再生事業を行っている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成果を上げるための思考に時間をかけすぎるくらいなら、とにかく動いて様々な経験を積む方が、その後の大きな成長につながる。

出雲充の名言|とにかく動いて様々な経験を積む方が、その後の大きな成長につながる


普段あまり注目されない花形以外の部門の人たちが、どのような気持ちで働いているのかも知っておかなくてはなりません。社員一人ひとりをよく知ることが、将来社長になった時に、自分を支えてくれる組織をつくる上で役立つ。

鑄方貞了の名言|社員一人ひとりをよく知ることが、将来社長になった時に役立つ


私は旧満州の奉天で終戦を迎えました。戦争に負けるということがどんなことか、子供心にもわかりました。力がなければダメだ、国も力がなければダメだし、人間としても力がなければダメ。力といってもむき出しの暴力やそういう力ではなく、本当の実力、それがないと何にもできません。

古森重隆の名言|本当の実力がないと何もできない


「ウォークマン」の登場により、「そういえば、これまで外で気軽に音楽を聴けないのは不便だったな」と多くの人が気づいた。これぞまさに「顧客が認識していない問題」を解決した代表例であり、日本の歴史に残るイノベーションと言える。一方、ヒアリングなどの消費者調査で把握できるのはあくまで「顧客が認識している問題」であり、それを解決することで生まれる成果は「リノベーション」である。イノベーションとリノベーションは日本では混同されやすいので、その違いを明確にしておきたい。

高岡浩三の名言|イノベーションとリノベーションの違い


経営者のところには、完全な情報は上がってこない。とっさに得られた限られた情報を基に、全体を読んで最適な手を打たないといけない。とにかくスピードが大事。

古森重隆の名言|とっさに得られた限られた情報を基に、全体を読んで最適な手を打たないといけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ