石川康晴の名言|取れる1番はすべて取れ

取れる1番はすべて取れ。

石川康晴 の経歴

石川康晴、いしかわ・やすはる。日本の経営者。「ストライプインターナショナル」創業者。岡山県出身。学校卒業後、紳士服店勤務を経て23歳でクロスカンパニー(のちのストライプインターナショナル)を創業。レディスセレクトショップ「CROSS FEMME」オープン。その後、セレクトショップからSPA(製造小売業)に事業転換し、自社ブランド「earth music&ecology」を開始。同社を大きく成長させた。主な受賞に企業家ネットワーク年間優秀企業家賞チャレンジャー賞、岡山県男女共同参画社会づくり表彰事業者部門。そのほか、内閣府男女共同参画局推進連携会議議員などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番よくないのは、驕ることです。人は何かを成し遂げたと思った瞬間、守りに入ってしまいます。自分の地位や名声を守ることを考えてしまっては、それより上にはいけません。ですから、うまくいっているときにも慢心しないこと。そのためにも、高い目標をもつことが大事なのです。100倍の目標をもてば、いまの自分がちっぽけだと思うじゃないですか。それに向かって無心に頑張ろうと思えるのです。

粟田貴也の名言|人は何かを成し遂げたと思った瞬間、守りに入ってしまう


私は会議に関しては根回し不要論者です。論理に裏付けされた結果があればOKです。

小林喜光の名言・格言|根回しよりも論理に裏付けされた結果を


いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことにより、いざというときに必要な情報や連絡先を手にすることもあるのだ。

ジェフリー・フェファーの名言|自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことが大切


理屈はあとでいくらでもついて来る。まず動くことで勝機が出る。「あとで気がつく寝小便」では遅いのだ。

春日一幸の名言|まず動くことで勝機が出る


政府が掲げる地方創生が間違いだとは思いませんが、机上で考えた政策と現場とでは隔たりがあるのも事実です。例えば、魚沼では第二創業に関心を持った若い経営者が増えていて、政府の施策ではそうした部分への支援が手薄です。そこで私どもでは若手経営者のための経営塾を開いたり、破綻した個人を救済したり、地域経済を底辺から支えたいという思いで、私たちなりの地方別生に取り組んでいます。

小野澤一成の名言|机上で考えた政策と現場とでは隔たりがある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ