森本千賀子の名言|せっかくのご縁を人脈につなげるには顔を合わせることが不可欠

電話とメールだけでは互いの記憶に残らない。せっかくのご縁を人脈につなげるには顔を合わせることが不可欠。

森本千賀子 の経歴

森本千賀子、もりもと・ちかこ。日本のエグゼクティブ向け転職エージェント。獨協大学外国語学部英語学科卒業後、リクルート人材センター(のちのリクルートキャリア)に入社。同社で企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援、転職支援などの業務に携わり、トップセールスとなる。その後、リクルートエグゼクティブエージェントに移り、エグゼクティブコンサルタントとして活躍。著書に『リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

専門性の高いスキルではなくても、人より早く知識を身につけているだけで職場で重宝される資格が狙い目。たとえばビジネスでホットな話題をテーマとした資格ですね。早めに勉強して知識を身につけておくと、事業の新展開を考えるための材料やきっかけになります。

年上が相手なら、長年の経験や知識を頼りにする態度を前面に出しましょう。「今度うちの課に来られる○○部長はどんな方ですか?」「○○課とウチの課の関係はどうですか?××について協力を仰ぐことはできそうでしょうか」など、相手だからこそ知り得る情報を聞くと相手も嬉しく感じ、親切に教えてくれます。

ホンダ時代はよく「五割任用」といっていました。いまの実力でタスクの5割は達成できると思える人材なら、恐れずユニークな感覚の持ち主を抜擢しろ、というわけです。いまもこの考え方に変わりはありません。

良いアウトプットは、良いインプットからしか生まれない。いくら机にしがみついてパソコンで検索しても、ありきたりなインプットしか得られません。自ら行動し、自分の足で稼ぐからこそ、他の人が得られないような新鮮で独自性のある一次情報が手に入る。

物事に最初から最後まで成功する人はいません。いろいろ浮き沈みがあります。沈んだときに、つまり、周りの人より自分の数字が出なかったときに、あきらめてすぐ変えちゃう人は、ダメなのです。そこで頑張れるかどうか。ある意味で、専門分野を作れるかどうか、ということにもなります。

人と会うときには、「自らに課題を設定する」ことをお勧めします。目の前の人を漫然と見ているだけでは、興味の湧きようがありません。「この人の素敵なところを5つ見つけよう」などと目標を設定すると、俄然、集中力が増し、楽しくなってくるものです。

よく子供たちにも言うのは、「みんなプロになれる可能性はある」ということです。誰もがモチベーション次第で環境を選ぶことができます。それは、出会う人、付き合う人まで選べるということです。だから、目標を決めたら目標に向けて行動する。そうすれば、夢は叶う。

最後に勝つ人間と負ける人間の差は精神力の差。技や体力は優れていて練習ではすごいタイムを出す人も、本番で心が折れダメになる人は多い。つまり「オレはコレをやるんだ!」と思いこんで突っ走る人間には敵わない。

こちらが話すと、たいてい、聞き手から質問が出てきます。質問に答えられずうろたえてしまうと、「この人は大丈夫なのかな?」と疑念を持たれてしまい、仕事上のパートナーとして認めてもらえません。そこで、自分が話す内容よりも多くの情報をしっかりと下調べしておくことが重要です。

お客様のためになるのなら、マニュアルは常につくり変えていく。そのような柔軟な姿勢を私たちは大切にしています。

ページの先頭へ