法華津寛の名言|地道にコツコツと継続すればこそ、得られるチャンスがある

小さな進歩でもそれを楽しみに感じることができれば、継続する力につながる。地道にコツコツと継続すればこそ、得られるチャンスがある。

法華津寛 の経歴

法華津寛、ほけつ・ひろし。日本の馬術選手、経営者。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本石油に入社。12歳のときに馬術を始め、東京オリンピックに出場。東京オリンピック後に日本石油を退社し、デューク大学大学院で経済学修士課程修了。その後、「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(外資系製薬会社)」「ジョンソン・エンド・ジョンソン」「オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス」などに勤務。オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスで社長まで務めあげ定年退職。定年退職後にオリンピック出場へ再挑戦し、67歳で北京オリンピック、71歳でロンドンオリンピックに出場。JRA賞馬事文化賞功労賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学生時代に真剣にスポーツに取り組んできたのに、社会に出た後はそのスキルが宝の持ち腐れになっている人が結構いらっしゃいます。一方、きちんとしたコーチを受けたいというニーズもあります。このC2Cマッチングのプラットフォームを提供するのがこの「セレクトコーチ」です。料金はコーチのレベルや顧客の評価で上下するシステム。評価が高いコーチで忙しい時間帯ほど高料金になっています。

事業に障害が出ても決して強行突破しない。必ず迂回作戦をとる。目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく。

その気になれば、残業はなくせます。いきなり残業をゼロにすることは困難ですが、余計な仕事をなくし、効率を高める意識を持って仕事をすれば、残業を発生させる具体的な要因が見えてきます。それを一つずつ潰していけば良いのです。

長い目で見れば悪いことは決して続かない。

すでに世界はバーチャルとリアルが融合している。リアルもバーチャルもなくなって、とにかくデジタルの世界に変わった会社が勝つ。

採用の際には、あなたはこのJALフィロソフィ(JALの在り方を40項目にわたって明文化したもの)の精神に賛同できますか、共感できますか、これに向かって全力投球できますかと問いかけています。漠然とした基準で採用するのではなく、今後はJALフィロソフィという明瞭なゲートをくぐって入社していただく。このゲートをくぐりたくないという人は、我々の仲間にふさわしくありません。

僕らのミッションは、データ復旧を世の常識にすること。

人間だから不安な気持ちもあるけど、弱い自分を乗り越えるには、思い込みとか強い気持ちって大切ですよね。撮影後の取材で「僕はこれから大きくなるから、見ていてよ」と言っていたと、ある記者の方からいまだに言われます。自分でも覚えていますよ、それほどの思い込みだった(笑)。

企業はマネジメントを最小にとどめることで、最大の結果が生まれる。マクドナルドは、この規模の企業にしては珍しく、最も組織化されていない企業である。そして、マクドナルドの経営幹部は他のどの企業の人間よりも仕事熱心だと思っている。

簡単にあきらめないのが理研流。一つが失敗したら別の新しいものを考える情熱と、その失敗したものを仕立て替えして蘇生させる逆転の発想。

ページの先頭へ