高橋茂雄の名言|なるべく相手の長所を見つける努力をする

僕なら、なるべく相手の長所を見つける努力をするかなぁ。その人の良いところばっかり見るようにしたら、好きになれそうでしょ。

高橋茂雄 の経歴

高橋茂雄、たかはし・しげお。日本のお笑い芸人。京都府出身。立命館大学産業社会学部卒業。柔道部の先輩・八木真澄とお笑いコンビ「サバンナ」を結成。テレビや劇場で活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功した人は人の倍も、3倍も失敗している。

業績は好調ですが、いたずらな急成長を目指すのではなく、提供する物件を厳選しあくまで「顧客満足度ナンバーワン」サービスを社員一同追求しこだわり続けていきます。

アサヒ飲料の社長に就任してからは、翌年120周年を迎える「三ツ矢サイダー」に手をつけました。炭酸飲料全般が地盤沈下していた時代です。果実や植物由来のフレーバー(香料)を使用したり、水の硬度を一定にしたりとブランド刷新を図った結果、ロングセラーが蘇った。先輩が育てたブランドを死なせるわけにはいかない、という思いでやっていましたね。

迷って決断しないより、やりたい気持ちが強いなら決断して、その後の状況次第で適切な事後処理をしていく方が大事だと思います。もしその判断が失敗だとわかったなら、さっさと撤退すればいいのです。

経営が行き詰まる原因は、経営者が「本来のあるべき姿」を見失ってしまっていることではないでしょうか。経営における「あるべき姿」とは、「社員が幸せになるような会社をつくり、それを通じて社会に貢献する」ことです。家族の幸せを願うように、社員の幸せを願うことが大切です。

リーマンショック以降日本の電機メーカーが相次ぎ巨額赤字を計上し、リストラを実施しました。「これはチャンスだ」と思い、どんどん転職してきてもらった。確かに扱う商品は違います。しかし企画立案や品質管理の工程は一緒で、PBの開発に必ず役立つと考えたんです。

私が患者さんに言っているのは「予防」の重要性です。予防を意識してきた人には手術は必要ありません。それが今の最先端です。

経営戦略を考えるとき、戦略に関する本ばかり読むのはお薦めできない。いいアイデアは、仕事のことをあれこれ考えているときには出てこない。仕事から離れて、仕事と関係なさそうな本を読んでいるときに、ふと浮かんでくることが多い。

やったことがない仕事に取り組む時、私は「もしかしたら、それ得意かも」と思ってやってみます。TBSラジオで「MASACA」という番組を始めたのも、新たな挑戦です。毎週、「まさかこの人が」という著名人にご登場をいただいています。

マクドナルドという会社は、変化に変化を重ねてここまで来た会社。時代に合わせて柔軟に変化していく。

ページの先頭へ