出雲充の名言|とにかく動いて様々な経験を積む方が、その後の大きな成長につながる

成果を上げるための思考に時間をかけすぎるくらいなら、とにかく動いて様々な経験を積む方が、その後の大きな成長につながる。

出雲充 の経歴

出雲充、いずも・みつる。日本の経営者。ユーグレナ社長。東京大学文科三類に入学。在学中にスタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」に日本代表として出席。3年時に東京大学農学部に転部。東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。その後、株式会社ユーグレナを創業。ユーグレナ(ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。ミドリムシで世界の食糧問題、エネルギー問題を解決するために活動した。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』『東大に入るということ、東大を出るということ』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内にはクレームやトラブル情報といった悪い話は「速攻でもってこい」と伝えてあります。その際、最も重要なのはファクト、事実です。とくにクレームを受けたという場合には、何が事実なのかをきちんと冷静に報告することを求めます。その件について部下がどう考えるか、つまり主観については、事実の報告を受けたあとに話し合っています。

大事なのは、買収した相手と必ずウィン・ウィンの関係を作ることです。「一緒に改革をすれば、もっと良くなる」と理解してもらいながら、改革の具体策を提案し、実行することです。

私は毎日運動していますが、だからといって、筋肉オタクとか運動オタクというわけではありません。私が運動をするのは、あくまでも健康維持のためです。そして、健康維持を大切にしているのは、人生の目標を達成するためです。ですから、身体に必要以上に負荷をかける運動は避けるようにしています。やりすぎは、かえって健康を損なう要因になりますから。何事もバランスが大事です。

私は外部人材として入社しました。おとなしい人が多い新潟の県民性も手伝ってか、3か月間は誰も口を利いてくれませんでした(笑)。僕自身も、お高くとまっていたのかもしれません。最初はとにかく努力が必要だった。

よき人を疑う者は、人もまたこれを疑う。
よき人を防ぐ者は、人またこれを防ぐ。

この飲食店不況の中でも元気な店はある。

社員やお客様の幸せは「目的」、売上や利益は「目標」です。目的はこっちを向いて進もうという方角であり、売上や利益の目標は、ディスタンス、距離にあたります。目的と目標は、このようにまったく性質が違うものです。

僕はプライドがあんまりないので、相手が若くても、目上の人でも、巨匠でも、別の業界の人だろうと気軽に会いに行く。そこで話を聞いていると、また毎日が楽しくなる。ドキドキしてきて、次へ向かう力がたまってくる。

県議会から国政に転じたのは、霞が関の役人が、いかに地方を馬鹿にしているかを目の当たりにしたからです。県議として地元の市長さんに付き添って建設省(のちの国交省)に陳情に行った時のことです。市長は牧田さんという当時70歳くらいの元お寺の住職でした。書の達人で、とても尊敬できる人生の大先輩でした。それが建設省の担当の課に行って「岐阜市から来ました」と言うと、20代の兄ちゃんが顔も上げずに「そこへ置いておいて」と一言。そんな無礼なことされたのが初めてだったので、本当にびっくりしちゃって、頭に血が上ってしまいました。今もまだひどいですが、当時も「2割自治」とか「3割自治」と言って、地方自治体は国にお伺いを立てないと自前では何もできませんでした。だから県議の立場では何もできないと悟りました。

DJとして心掛けていることは、自分が楽しむこと。やはり、自分が楽しんでないとお客さんも楽しく無いと思うので。

ページの先頭へ