石田淳の名言|高い目標設定は、行動が習慣化してから行うべき

よく、「目標は少し高めを掲げる」といいますが、それは行動が習慣化してから行うべき。最初は「行動を起こしやすい環境」や「継続しやすい環境」を整えて、自分をその気にさせることが大切です。

石田淳(コンサルタント) の経歴

石田淳、いしだ・じゅん。日本のコンサルタント。行動科学マネジメントの専門家。ウィルPMインターナショナル社長。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事、アメリカの行動分析学会ABAI会員、日本行動分析学会会員。主な著書に『3日で営業組織が劇的に変わる行動科学マネジメント』『行動科学で人生を変える』『教える技術』『組織が大きく変わる最高の報酬』『短期間で組織が変わる行動科学マネジメント』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勝負をしていれば、たとえ最善の判断をしても結果的に負けてしまうことがあります。そこからどう立ち直るのかということも、長い人生では大事なこと。

丹羽宇一郎の名言|どう立ち直るのかということも、長い人生では大事なこと


日本に優秀な外国人を呼び寄せたいなら、まずシステムを変えること、そして何より、日本人を変えなければなりません。なぜ外国人が日本に定着しないかというと、様々なものが日本人の感性でつくられているからです。

永守重信の名言|優秀な外国人が日本に定着しない理由


自分が担当する仕事でトラブルが発生している最中に「定時だから帰ります」といって帰ってしまう社員がいたとすれば、それはワークライフバランスの勘違いです。ワークライフバランスとは単に残業をしないことなどという短絡的な意味でとらえてはいけません。

脇若英治の名言・格言|ワークライフバランスを短絡的にとらえない


部下を表彰してスポットライトを当てることもやる気につながります。弊社では3か月に1度の社員総会で表彰を行っているほか、週一回発行している社内独自のスポーツ新聞で、そのときどきのヒーローやヒロインを紹介することもしています。

小笹芳央の名言|部下にスポットライトを当て、皆に知らせることの大切さ


チャンスは決して「これはチャンスですよ」という顔をして出てくるわけではない。大きな困難として現れますが、それを克服するからチャンスになる。

小嶋淳司の名言|チャンスは大きな困難として現れる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ