中村禎の名言|仕事も一生懸命、遊びも一生懸命

仕事も一生懸命、遊びも一生懸命。僕にとって平日も休日も、仕事もプライベートも、どちらの約束も重要度は同じ。

中村禎 の経歴

中村禎、なかむら・ただし。日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。福岡県出身。成蹊大学経済学部卒業後、J.W.トンプソン、サン・アドを経て電通に入社。TCC最高賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

2000年以降、大規模な調査や長年の経過観察の結果、不眠があらゆる病気の悪化要因になることがわかってきた。たとえば、ある時点で寝つきが悪かったり、夜中に目が覚める不眠の症状がある人とそうでない人を比較すると、4年後には高血圧を発症する確率が2倍になる。また、企業の健診データを用いた働き盛りの男性対象の研究では、寝つきが悪い人は8年後に糖尿病になる確率が3倍高いというデータもある。

資金繰りが苦しく、サービスがなかなか立ち上がらないなど苦境のときは意外と潰れない。逆にこんなことで負けてたまるかと組織は団結する。

自分が敵になり替わって考えよ。世の中を見ると、盗みなどをして家の中に立てこもったような者でも、敵は強いもののように思いこむものである。しかし、敵の身になって考えてみれば、世の中の人をみな相手として、逃げ込んでどうしようもない気持ちである。立てこもつたものはキジであり、討ち果たしにくる人はタカである。よくよく工夫すべきである。

僕もアドラーと一緒で、世界を変えたいと考えています。もちろん、力ずくでは変えることはできません。どういう形で変えられるのか? 自分が変わることによってです。人を変えることはできませんが、自分なら変えられます。

ドコモには安心・安全と高い顧客満足度という軸があって、ソフトバンクには孫正義社長の強いリーダーシップと、革新的な企業イメージがあります。ライバルの間で埋没しないためには、ユーザーの信頼を獲得する努力を怠ることはできません。

インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。

十分な時間を与えられたのにもかかわらず、締め切りまでに作業を終わらせることができない部下がいても、「一週間でここまでやる」ではなく「一週間後の締め切りのために今日は何をやるか」というように、一日という短い単位でやるべきことを指示すれば、何とかやり抜くことができます。最後に「できたじゃない」と声をかければ、本人もだんだんコツをつかめるようになっていきます。

欠点は財産です。ミスすれば、自分には直すところがまだまだあるということがわかるわけです。直すところがあるということは、まだまだ上に行けるということですから。欠点がない人はそれ以上は伸びません。

企業の成長ポテンシャルは、常識で考えれば誰にでもわかる。メーカーならその会社の製品を購入したいか。サービスの会社なら、それを利用したいか。さらにその会社で働きたいか。消費者や会社員の目線で考えればいい。多くの人に受け入れられて、業績が伸びていきそうな会社かどうかがおのずと分かる。

組織を活かすのは人間だ。機械でもなければ工場でもない。

ページの先頭へ