木村達哉の名言|失敗しよう!

企画を考えるためのアイデアノートの表紙には、「失敗しよう!」と書いています。企画は数を出さないと通らない。「失敗を恐れるな」と自分を鼓舞するためです。

木村達哉 の経歴

木村達哉、きむら・たつや。日本の英語教師。「灘中学校・高等学校」英語科教諭。関西学院大学文学部英文学科卒業後、営業マンを経て教師に転身。また、「英語教師塾」立ち上げや、参考書の執筆を行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ストレスを受けると、なぜ人はマイナスの感情を抱いてしまうのでしょうか。じつは、太古の昔、人が生きる目的のすべてが生き残って子孫を残すことだったころ、感情は生き残るための手段の一つでした。たとえば、敵に攻撃されたときに反撃するためには「怒り」が必要でした。巨大なマンモスから逃げるためには「恐怖」の感情が必要でしたし、危険な行動をあきらめるためには「落ち込み」の感情が必要でした。そうして発達した感情が、文明が発達した現代でも、本質的に古代のまま受けつがれているのです。

ゆうきゆうの名言|ネガティブな感情は太古の昔に人が生き残るための手段だった


異質を入れ込むことで、産業界が活性化しますから、若い人(起業家)がどんどん出てきてほしい。

下村朱美の名言|異質を入れ込むことで、産業界が活性化する


自分は経営していないのに経営者の相談に乗る、というのは違うだろうと。一度は同じ所に立って、同じ風景を見ないと経営者の方の話も聞けないし、同じ所に立つことで共感力が養われて、解決法も提案できるんじゃないでしょうか。

三島幹雄の名言|顧客と同じ所に立って、同じ風景を見る


学生時代のテストでは、簡単な問題から片付けて、時間のかかる問題は最後にじっくりと解いたのではないでしょうか。書類作成もこれと同じ。まず内容を箇条書きの要領で目次をつくり、それぞれに必要な文字量を決めます。そして、項目ごとにかかる時間と難易度を記入。簡単なものから書けばいいのです。すると、時間がかかるのは一部だけであることがわかり、気分も楽になりますし、終了までの時間を想定しやすくなります。

矢矧晴一郎の名言|書類をスムーズにつくるコツ


顕在需要があればすぐにでも商売できますが付加価値は小さい。時間、手間とカネはかかりますが、潜在需要を掘り起こした方が大きく飛躍できます。

茂木友三郎の名言|潜在需要を掘り起こした方が大きく飛躍できる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ