桜井博志の名言|常識を疑い、普通でないことをして物事に挑戦しないと、新しい発見や成長はない

若い人は、もっと個性を出して、生きていいのではと思う。常識を疑い、普通でないことをして物事に挑戦しないと、新しい発見や成長はないし、ブレークスルーも起きない。

桜井博志 の経歴

桜井博志、さくらい・ひろし。日本の経営者。江戸時代創業の酒蔵「旭酒造」社長。山口県出身。松山商科大学(のちの松山大学)卒業後、西宮酒造(のちの日本盛)勤務を経て家業の旭酒造に入社。父と経営方針が合わず独立して石材卸会社「櫻井商事」を設立して軌道に乗せる。父の急逝により旭酒造の経営再建にあたる。杜氏に頼らない酒造りを推進。純米大吟醸「獺祭(だっさい)」を開発し日本酒の海外進出に尽力した。著書に『逆境経営 山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。

セバスチアン・スランの名言|自らを再発明する


パートナーを共同生活者として敬い、何事もやってもらって当たり前といった考え方を改める。相手がいることの価値に気づけば、ほとんどの夫婦は関係を修復できます。

鈴木あけみの名言|相手がいることの価値に気づけば、ほとんどの夫婦は関係を修復できる


組織文化が変わるきっかけは、やはり若い人が言いたいことを自由に発言し始めるときだと思います。とくに新卒の新入社員はほかの企業を経験したことがないだけに、フラットな議論に抵抗を感じません。

星野佳路の名言|組織文化が変わるきっかけは若い人から


我が社も組織が充実し人材が育ってきましたが、現在はペッパー大学というものも設立して研修により力を入れています。ペッパー大学では「人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある」と伝えています。今後は株式を公開したことで、さらに多くの優秀な人材が増えていくと思います。

一瀬邦夫の名言|人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある


変化の激しいいまの時代、情報の重要性の尺度がどんどん変わる。錯綜する情報の中から不完全でも「これだ」と思われるものを得たら、ひとまず先に進んでいかないと、成果をあげるのは難しい。

守屋淳の名言|不完全でも進むことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ