桜井博志の名言|できないなりに時間をかけて取り組めばいい

実は私には「効率よく時間を使う」という感覚がないんです。「できない自分」を認めていますから、できないなりに時間をかけて取り組めばいいと思っているからでしょう。

桜井博志 の経歴

桜井博志、さくらい・ひろし。日本の経営者。江戸時代創業の酒蔵「旭酒造」社長。山口県出身。松山商科大学(のちの松山大学)卒業後、西宮酒造(のちの日本盛)勤務を経て家業の旭酒造に入社。父と経営方針が合わず独立して石材卸会社「櫻井商事」を設立して軌道に乗せる。父の急逝により旭酒造の経営再建にあたる。杜氏に頼らない酒造りを推進。純米大吟醸「獺祭(だっさい)」を開発し日本酒の海外進出に尽力した。著書に『逆境経営 山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

選択肢はいくらでもある過剰生産の経済において、ひとつの製品を際立たせ、新しい意味と名前を与え、消費者の欲しいという気持ちに火をつける。これが現代マーケティングの醍醐味なのです。

フィリップ・コトラーの名言|現代マーケティングの醍醐味


緊張を強いられる場面に限らず、疲労などで慢性的に体が凝り固まっていると、脳機能も低下してしまうものなのです。だとすれば、身体の凝りを取り除いて緩めれば、脳の働きや思考力を高めることができるのです。その証拠にいかなる分野でも優れたパフォーマンスを見せている人は例外なく、身体が緩んでいます。

高岡英夫の名言|身体をゆるめれば脳機能を高められる


考え方や方法を変えることで、1を100にも1000にも変えていくことができる。

生嶋健太の名言|考え方や方法を変えることで、1を100にも1000にも変えていくことができる。


手帳に行動や考えを記録することは、経営者としての指針を見出す手助けともなります。私は、読んだ本とそこから気がついたことや覚えておきたいことを手帳に記します。年末を迎えると、それを「経営姿勢」としてまとめるのです。この経営姿勢を表わす言葉は毎年増え、これを常日頃、見直すようにしています。

松井忠三の名言|手帳に行動や考えを記録することは、経営者としての指針を見出す手助けともなる


「変化を放棄した時」が負け。だから、強い相手がひとりもいなくなったとしても、自分は変化し続ける。頑張るだけでは意味がない。変わり続けること。それがプロである責任。

梅原大吾の名言|「変化を放棄した時」が負け


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ