ハロルド・ジェニーンの名言・格言|経営者の基本的な仕事とは

どんな会社でも、経営者の基本的な仕事は経営することである。私は職業経歴を通じて、何百回、何千回となくそのことを強調してきた。経営者は意志決定を行い、それらの決定が遂行されるようにすることによって経営する。そして経営者がそれに成功する唯一の道は、会社に影響を及ぼすあらゆる状況に関する事実を完全に把握することだ。

ハロルド・ジェニーン の経歴

ハロルド・S・ジェニーン。米国の大手国際電話会社ITTの会長。ニューヨーク大学卒。大学卒業後、ニューヨーク証券取引所のボーイや新聞社、会計事務所などの職を転々とし、軍需製品メーカーのレイセオン社に入社し、CEOまで上り詰める。その後、ITTのCEOとなり、保険会社、ホテル、不動産業などの会社を買収。14年半連続増益という偉業を達成する。アメリカでは経営の師と呼ばれ、現在でも起業家・経営者の目標となっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。

私の父は関西の商売人です。丁稚奉公の叩き上げで、私はいくつになっても父に敵わない。現場で仕事をしてきた人間は世の中のことをよく見ている。

語学などの専門知識は、身につけた人を雇えば、お金で買うことができます。しかし、1日を28時間にすることは、どんな大富豪でも不可能です。だからこそ、お金持ちは時間管理にこだわります。自分の自由になる時間を作り、やるべきことにフォーカスする。自分でやる必要のないことは人に任せ、切り捨てる。この秘訣を学ぶことで、新たな儲け話に巡り合う余裕や決断に必要な準備の時間を捻出しているのです。

「革新」が常に繰り返され、それが結果として「伝統」へつながる。

日本にいて膝を抱えてじっとしていたら、何が正しくて何が間違っているかは絶対にわかるようにはならない。

現場の経験を積むと同時に、本を読んでたくさんの疑似体験を重ねることをお勧めしたい。やがてそれがビジネスのさまざまな局面で役立つ力につながる。

もしいま、本流でないからといって不遇をかこっていると感じている人がいるならこう申し上げたい。時代は必ず変わります。そしてそれまでの間、なるべく社外の人脈をたくさんつくり、彼らの話に耳を傾けることです。会社が姿を変えていくべきそのときと道筋が必ず見えてくるはずです。

問題意識を持つためには、謙虚さも必要です。問題意識の原点というのは、現状に満足しない気持ちです。対して慢心や傲慢さというのは問題発見能力を著しく減退させます。「ナンバーワンになるのは目前」と持ち上げられて「ひょっとしたらそうかもしれないな」「うちがナンバーワンだ」と社員が思うようになったら、トヨタという会社はもう終わりだと思っています。

「どうしても聞きたい!」「あの先生に会って話してみたい!」となると止まらない。好奇心とワクワクで飛び込んでいくと、皆様が受け入れてくださいます。それが結果的に、お魚を通じた人の輪を広げてくれているのかもしれません。

サラリーマンにとって一番大切なポイントは「蓄積とスキルアップ」だと思います。例えば5年間、同じ部署にいたら、その間に知識や人脈をどれだけ蓄積でき、ノウハウを磨けるかということです。そうなるには、組織に属しながら特定の分野のプロフェッショナルになる必要があると思います。その一つの方法が、資格の取得。税理士とか建築士などです。会社にいると、経営環境や業種特性によって儲かっていると給料は増えますが、逆の場合もあります。しかし、資格があると、それを武器に転職もできます。

ページの先頭へ