ハロルド・ジェニーンの名言・格言|経営者の基本的な仕事とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな会社でも、経営者の基本的な仕事は経営することである。私は職業経歴を通じて、何百回、何千回となくそのことを強調してきた。経営者は意志決定を行い、それらの決定が遂行されるようにすることによって経営する。そして経営者がそれに成功する唯一の道は、会社に影響を及ぼすあらゆる状況に関する事実を完全に把握することだ。


ハロルド・ジェニーン の経歴

ハロルド・S・ジェニーン。米国の大手国際電話会社ITTの会長。ニューヨーク大学卒。大学卒業後、ニューヨーク証券取引所のボーイや新聞社、会計事務所などの職を転々とし、軍需製品メーカーのレイセオン社に入社し、CEOまで上り詰める。その後、ITTのCEOとなり、保険会社、ホテル、不動産業などの会社を買収。14年半連続増益という偉業を達成する。アメリカでは経営の師と呼ばれ、現在でも起業家・経営者の目標となっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言うまでもなく、損保会社として最も大事なことは、利益を安定的に出していくことです。契約者の生活や活動を安定させ、持続可能な状態をつくるのが損保契約であり、そのために利益が必要なのです。利益を出すことが目的ではないと考えています。

経営が苦境に追い込まれたとき、あるいは破綻したとき、経営の方向性を大胆に転換するときなど、企業には様々な転機があります。その転機を経営陣や株主とともに乗り切り、再生や変革を実現することが我々の使命です。

我々は決して、「年収がこのくらいなら、この物件を」といった提案の仕方はしません。大切なのはそのお客様が不動産投資によって何を得たいか。要介護の家族を支える資金が欲しいのか、子供たちに資産を残したいのか。では、そのためにはいくら必要か……これらをうかがい、その目的に合った物件を提案するのが我々のスタンス。不動産で人生をサポートさせていただくという感覚です。

人それぞれ価値観は多様です。すべての人に私のようにやれと言うつもりはありません。

当社が常に第一線にいることができたのは、一貫して技術力を高めてきたこと、そして常にチャレンジする精神を持ち続けてきたことだと思います。

合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。

親孝行のコツは「できることをできる範囲で」。地方には仕事が少ないので、親と遠距離になるのは仕方がないこと。無理に一緒に住む必要はありません。むしろ離れていたほうがいい関係が築けることも多い。向こうに行けないなら、切符を送ってこっちに来てもらってもいい。時代とともに親孝行の形も変わっています。柔軟に考えたらいいです。

ページの先頭へ