谷所健一郎の名言|どんな付加価値をつけられるかが勝負

シニアはキャリアがあって当たり前。それにどんな付加価値をつけられるかが勝負です。過去の延長線上を進むのではなく、新しい境地を開ける人なら、門戸が広がるでしょう。

谷所健一郎 の経歴

谷所健一郎、やどころ・けんいちろう。日本の人事コンサルタント。武蔵大学卒業後、ヤナセ、ソシエワールドなどで採用・人事の仕事を担当し、人材開発プログラムや業績評価制度の構築に携わる。その後、綱八の人事部長を経て独立。20年以上人事の仕事に携わってきた経験を活かし、転職就職支援活動や、企業向け人事コンサルティングなどを行っている。著書に『できる人できない人を見抜く面接術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

惚れ込む仕事に出会えるタイミングには個人差があると思いますが、若い人たちには志を持ち、惚れ込む仕事を見つけていただきたい。

正論を通そうとするだけで大変な抵抗が起きる。

仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。

将棋の水準は日進月歩でレベルアップしていますから、最低限求められる基礎を抑えるために、かなりの時間を割かなくてはいけないのも事実です。

私は、一万人以上の企業経営者・管理職から、成功の秘訣や失敗の原因をヒアリングしてきました。彼らは、40代を振り返ってみて、「ビジネス人生の最大の転機だった」と異口同音にいい、その一方で最も後悔していることもほぼ共通していました。「40代では、仕事もプライベートももっと充実させられたはずなのに、時間がなくてできなかった」といいます。

うちの会社もこれまで技術者や技術要員の獲得にはずいぶん悩まされてきた。しっかりした頭脳の持ち主なんてなかなかいないし、あったとしても精神の方がひねくれていたのではかえって困る。精神も健全で頭のいい者を採りたいのはやまやまだが、それには募集の方法がない。そこで私は、これは人任せや人頼みではいつまでたっても解決できないから、ひとつ自分の手で学校をつくろうということに踏み切った。

リーダーは、本質的に変革を生み出す人です。優れたリーダーは、「去年と同じようにやろう」という考え方を一番嫌います。

目指すのは「空飛ぶ電車」モデルです。改札も、「Suica」のようにかざすだけで済めば快適です。それで最速5秒で終わるチェックイン機を開発し、バーコードをかざすだけでチェックインが完了するようにしました。

「100万円貯まるのにかかる時間」を計算してみることをお勧めします。毎月5万円積み立てていくと、それだけで貯蓄額は年間60万円になる。年2回のボーナスからそれぞれ20万円ずつ貯蓄に回せれば、1年間で100万円の貯蓄が達成できるわけだ。積み立てが月1万円、ボーナスごとに10万円貯めるとすると、100万円貯まるのに3年ちょっとかかる計算になる。このように「100万円」を基準に考えてみると、「このペースでは遅すぎるからもう少し積立額を増やそう」などと、貯蓄計画を客観的に見直すことができる。

人によって態度を変える人は、必ずいつか逆をやります。「ありがとうございました!」と元気よく言いながら、ふっと冷たい横目を、見せてはならない人に見せてしまうことが起きるのです。それは礼儀・礼節が演技だからです。付け焼刃の演技はバレるのです。でも、演技も人によって変えず、毎度毎度、100回、200回、1000回とやっているうちに、それは自分のものになり、演技が演技ではなくなります。これが、礼儀・礼節を身につける鉄則です。

ページの先頭へ