ジャック・ミンゴの名言・格言|本当に売れる商品は、エキセントリックな人の直観とヤマ勘と熱狂によって生み出される

最も売れている商品の多くは、エキセントリックな人たちの直感とヤマ勘と熱狂によって生み出されている。本当に新しいものを作るためには、まったく新しい発想が必要だからだ。

ジャック・ミンゴ の経歴

ジャック・ミンゴ。主な著書に『あなたの知らないヒットブランド本当の話』

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事は先延ばしにすればするほど、気分が重くなっていきます。仕事がどんどん積み重なってますます時間がなくなり、さらに忙しくなるからでしょう。

「どんなものでも安いほうがいい」。ほんとうにそうですか? 日本人はそんな人ばかりじゃないとぼくは思います。高くてもいいものがほしいと思う人もいっぱいいますよ。あんまり消費な者を舐めたらいかん。

戦略は細部に宿る。逃してはならないキーポイントが小さな問題の中に眠っていることがあるため、そうした細部から万全にしていく気持ちが重要。

日本の大学ではさまざまなことを変えていくために、教員も学識経験にこだわらず実務経験者の枠を設けるところが増えています。私は広告コミュニケーションやマーケティングの分野で、国や自治体関連の仕事に以前から取り組んでいたこともあり、教授として選出していただきました。

最初からうまく行くはずありませんよ。とにかく行ってみるしかない。担当者も自分も人間です。それぞれ個性がありますから、相性が合ないこともあります。全部の会社から契約は取れないのが当たり前と覚悟することです。そのうえで、やはり営業の分母を広げる努力は不可欠です。

考え抜いた末に出した方針を簡単に変えてはいけません。軸がブレてはいけません。「新キリン宣言」に対して、いろいろ言う人はいましたが、そこで私が躊躇したら、社内が混乱しますから。

これからの日本は少子高齢化が一番の問題。でも、出生率を上げろ、移民を入れるといっても即効性はありません。やっぱり自動化ですよ。様々なものの無人化をさらに進めるべきです。

街を歩いて情報を得られるかどうかは、単純に毎日続けているかどうかの差なのかもしれません。街は毎日少しずつ変わっていて、どこがどう変わったのか、わからなくなってしまうことがありますよね。ところが、毎日、街に出て定点観測をしていると、ほかの人が感じないような些細な変化にもハッと気が付くのです。

環境の変化に柔軟に対応していくために、それぞれの部門の責任者にできるだけ権限を委譲し、プロジェクトや案件ごとに決済できる金額をこれまでの2倍にしました。組織全体の仕事と時間の効率化が進み、スピードアップにつながっています。

以前に弊社サイトのシステムを、顧客が検索した瞬間にその人の趣味嗜好にリンクした検索結果が配信されるように変更したことがありました。結果的にサイト利用率の向上につなげることができたのですが、この類いのアイデアは個人のユニークな発想から出てくることが多いんです。部下からのインプットと解析データを出し尽くし、そのうえで一人の時間に方策を考えるのが私の時間術です。

ページの先頭へ