ポール・ブシャールの名言・格言|完璧を期すより、拙速でもスタートさせ学びながら手直しする

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな会社は完璧な製品の開発を目指すあまり、研究開発の罠に陥りやすい。研究開発を重んじる会社はえてして、いつまでたっても新製品が完成しないということになりがちだ。立派なアイデアを持っている会社が研究開発にのめり込んだ末に、気がつけば社会にすっかり後れを取っていたという例はたくさん見てきた。必要なのは、実際にプロジェクトを動かしてみて、そこから学びながら手直ししていくという発想だ。


ポール・ブシャール の経歴

ポール・ブシャール。アメリカの起業家。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

低成長時代の現代においては、規模拡大という尺度よりも、少ない投資額でより多くの成果を手にするという、質実剛健につながるROA(総資本利益率)的思考が重要になる。

最近は「事実を確認する前にうかつに謝ると言質をとられるので、簡単に謝罪してはいけない」という理由から、お詫びが遅れることが多いようです。だから事態が余計に悪化してしまう。でも言質をとられるのはまずい。それなら、限定的な謝罪をすればいいのです。たとえばホテルの宿泊客から「部屋が汚れていた」というクレームがきたら、「せっかくご利用いただきましたのに、お部屋にご満足いただけなかったようで申し訳ございません」と謝る。本当に部屋が汚かったかどうかはさておき、お客様が部屋に満足しなかったのは事実なのですから。

経験は学べる者にしか教えてくれない。

SNS上には、自分の可能性を広げてくれる人が何人も存在しているはずです。その人たちとつながる確率を上げる方法は、素性を開示することだと私は思います。仕事のプロとして人脈を構築しようと思うなら、なおさらのこと。名前や勤務先、仕事内容、スキルなどを詳しく書けば書くほど、ピンポイントの情報が集まってきます。つながっている人々に時に力を貸し、時に力を借りて信頼関係を構築していく。すると、挑戦してみたかった仕事の情報がもたらされたり、大きなチャンスが舞い込む可能性も生まれます。

企業は図体がでかいと、お金をいっぱいかけられるといういい面もあるんだけど、悪い面も結構大きい。

伊能忠敬のように第2の人生を歩む準備を整えてから歩き出す方がいい。忠敬は伊能家の財政を立て直す実績を示してから、好きな天文学の道を究めたいと幕府の天文方の門をたたきました。

日本には変えてはならないものと、変えなければならないものがある。変えてはならないものがあるからこそ、我々は変わらなければならない。

ページの先頭へ