ポール・ブシャールの名言・格言|完璧を期すより、拙速でもスタートさせ学びながら手直しする

小さな会社は完璧な製品の開発を目指すあまり、研究開発の罠に陥りやすい。研究開発を重んじる会社はえてして、いつまでたっても新製品が完成しないということになりがちだ。立派なアイデアを持っている会社が研究開発にのめり込んだ末に、気がつけば社会にすっかり後れを取っていたという例はたくさん見てきた。必要なのは、実際にプロジェクトを動かしてみて、そこから学びながら手直ししていくという発想だ。

ポール・ブシャール の経歴

ポール・ブシャール。アメリカの起業家。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでどおり自分以外の働きに期待し続け、誰かが動けば問題は解決すると考えている限り、私たちは自分たちの目的を達成してその成果を手にすることはできない。

今後、さらなる成長を遂げるには風通しの良い組織が欠かせない。怒らず、じっくり、従業員の声に耳を傾ける。これを徹底して全員の力を引き出し、100年企業を目指す。

会議で重視するのは、年齢や肩書を気にせずに、誰でも自由に発言できる雰囲気です。社長も新入社員も関係ない。アメやスナック菓子をつまみながら、リラックスして話をします。

ツライ時期がずっと続くと思って、挫折しちゃう人が多いけど、諦めなければ逆転できる時が必ずやって来る。そう自分に言い聞かせてますよ、僕も(笑)。

年齢や性別、国籍などのバックグラウンドにとらわれず、多様なキャリアや価値観を持つ人材が個々の能力を最大限に発揮できる環境をつくること。これこそが、お客様のニーズにお応えし続けるために必要な取り組み。

自己報酬といっても、お金や地位といった自分にとっての幸福だけが、人間にとっての報酬ではありません。「家族を守ることができる」とか、「人々を幸せにする」といったことも、自分にとって大きな報酬なのです。

孟子は「敵国のなき国は滅ぶ」と言った。今後、カルピスの類似品は続々できるであろう。私はカルピスのためにそれを望む。

上司とうまく仕事を進めるためには、「上司の気持ち」のほかに、「上司の視点」を持つことが重要です。「上司が全然受け入れてくれない」という人の話を聞いてみると、自分の立場での最適案を考えてしまっているケースが多くあります。その提案を上司の視点から見ると、「それではほかのところで問題が起きる」「もっと先に取り組むべきことがある」という内容であることが少なくないのです。特にありがちなのは、優先順位を間違えた提案です。何かに力を入れれば、そのぶん、ほかのことができなくなるわけです。とりわけほかの人たちまで動かすような提案では、それだけ影響が大きくなります。

違いを認め合い、私の方から近づき、みんなが理解できる目標設定をしていこうと思っている。

人材育成でサービスクオリティーは高まり、リピート率も上がった。

ページの先頭へ