前川孝雄の名言|人望がある上司、ない上司

人望が厚くチームを束ねられる上司の特徴は「業績より人に関心がある」ということ。逆に人望がない上司は「人より業績に関心がある」。できる上司は人に関心があるぶん、好かれる傾向が強いと言えます。

前川孝雄 の経歴

前川孝雄、まえかわ・たかお。日本の人材活性化コンサルタント。兵庫県出身。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。リクルートで『リクナビ』『就職ジャーナル』『ケイコとマナブ』『好きを仕事にする本』『Tech総研』などの編集長を務めた。その後、人材活性化コンサルタントとして独立しFeelWorksを設立。主な著書に『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』『若手社員が化ける会議のしかけ』『部下を育て、組織を活かす はじめての上司道』 『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』『上司力100本ノック 部下を育てる虎の巻』『冷めた組織に火をつける 組織「再起動」プログラム』『女性社員のトリセツ[取扱説明書]』『頭痛のタネは新入社員』『上司より先に帰ったらダメですか?』『サバイバル・コミュニケーション術』『上司力トレーニング』他多数。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メンタルのトレーニングをすれば、いくらでも課題を克服することは出来ると思う。無限ですよ、脳は。

本田圭佑の名言|メンタルトレーニングが重要


あらゆる統合作業の中でも特に気をつけたのが人事制度です。私は大丸時代の改革で、学歴や経歴、性別、年齢を問わない適材適所の人事を進めました。統合でもこれを貫き、大丸と松坂屋の人事制度を一体化することを急がせました。企業で働く人は、誰でも給料や昇進を気にしています。人間はある面では非常に現実的ですから、賃金や処遇は労働意欲の根幹でもある。同じ仕事をしているのに、出身会社が違うことで給与や処遇が変われば、誰だってモチベーションが下がるでしょう。

奥田務の名言|賃金や処遇は労働意欲の根幹


成功者の経験や知識、思考、習慣は貴重な宝。学べるものはたくさんあります。彼らの習慣を真似したり、思考が書かれた本を何度も読み返してみる。すると、そのうち自分のオリジナルとして身に付くようになります。

弘兼憲史の名言|成功者の経験や知識、思考、習慣は貴重な宝


仕事道具に関しては、皆「使いこなしたい」と言い過ぎる気がしますね。使いこなさなければという義務感になると手帳の奴隷になり、毎日が楽しくなくなるんじゃないかな。

糸井重里の名言|手帳の奴隷にならないことが大切


スーパーなど小売りサイドでも、湿気の問題に悩んでいました。シャッターを下ろした閉店後に、本当に湿気を吸って駄目だと。何か方法はないかと相談も受けました。そこで、ラミネートの袋にして湿気の侵入を防ごうという新しい販売方法を考えだした。これがお客様に大変喜ばれました。この問題解決を一緒にやってくれたのが、今でも取引関係のある千代田グラビヤさんです。我々にはそういう技術はないですから、取引先にお願いするわけですが、千代田グラビヤさんは大変協力してくれました。取引先の技術を活用させてもらって、今日の伊藤園があります。

本庄八郎の名言|取引先の技術を活用させてもらって、今日の伊藤園がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ