秦郁彦の名言|歴史家として仕事をするうちに、多少のことではびっくりすることがなくなった

歴史家として仕事をするうちに、多少のことではびっくりすることがなくなりました。新しい事件でも、過去の似た例が思い浮かぶからです。

秦郁彦 の経歴

秦郁彦、はた・いくひこ。日本の官僚(大蔵)、歴史学者、現代史家。「日本大学法学部」教授。山口県出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。国有財産総括課長補佐、財政史室室長、大臣官房参事官、プリンストン大学大学院客員教授、拓殖大学政経学部教授、千葉大学法経学部教授、日本大学法学部教授などを務めた。『昭和史の謎を追う』で菊池寛賞、『明と暗のノモンハン戦史』で毎日出版文化賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事というものは基本的に辛いことが9割、楽しいことが1割。しかし辛いことがあるからこそ1割の喜びがより輝く。これが仕事の醍醐味。

武野龍の名言|辛いことがあるからこそ喜びがより輝く


何か行動を起こして、結果を生み出していかなければ何も変わらない。

田中良和の名言|何か行動を起こして、結果を生み出していかなければ何も変わらない


自分もかつて、仕事でうまくいかなかったとき、不平を言ったら、ある上司から「ならお前は納得するまで動いたのか」と言われ、戒められた。

川俣喜昭の名言|納得するまで動く


集中力はあると思いますが、試験勉強の計画はあまり立てたことがありません。それより大事なのは、いかに要領よく勉強するかでしょう。簡単にいえば、試験に出るところをしっかり勉強すればいいのです。仮に60点で合格なら、40点も落としていいわけですから完璧に勉強する必要はありません。ギリギリだろうが何だろうが、試験は合格すればいいのです。本当の勝負は合格したあとです。

藤川太の名言|試験は受かればいい。本当の勝負は合格したあと。


向こうをどうこうしようという前に、自分を変えるほうがいい。何しろダダだもん。

養老孟司の名言|向こうをどうこうしようという前に、自分を変えるほうがいい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ