秦郁彦の名言|事実を中心にして核となる細部を詰めていけば、それをどう解釈するかはおのずと見えてくる

事実を中心にして核となる細部を詰めていけば、それをどう解釈するかはおのずと見えてくるもの。イデオロギーありきでモノを見て、余計な感想を加える必要はない。

秦郁彦 の経歴

秦郁彦、はた・いくひこ。日本の官僚(大蔵)、歴史学者、現代史家。「日本大学法学部」教授。山口県出身。東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。国有財産総括課長補佐、財政史室室長、大臣官房参事官、プリンストン大学大学院客員教授、拓殖大学政経学部教授、千葉大学法経学部教授、日本大学法学部教授などを務めた。『昭和史の謎を追う』で菊池寛賞、『明と暗のノモンハン戦史』で毎日出版文化賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

創業社長は何から何まで自分でやろうとしてしまいがちですが、引き際を見極めることも大切です。旅行業界では今、ツイッターやフェイスブックなどSNSを使ったツアーなどが急速に伸びています。ただ、私自身はSNSがよく分かりません。こういう感性は若い人でないと分からないと私自身割り切って、後任にどんどん任せています。自分で勉強すればできないことはないでしょうが、効率的ではありません。

澤田秀雄の名言|わからないことは他人に任せる


人は基本的に誰もが保守的です。特に、現場に近いほど、新しい仕事が増えるので消極的になります。そんな時、トップの考えがブレたら部下は付いてきません。

高須武男の名言|トップの考えがブレたら部下はついてこない


手元にメモを用意して何か思いつくとすぐに書き留めるのは長年の習慣です。以前は手書きのメモパッドを使っていましたが、2年前からすべてスマートフォンでメモを取るようになりました。とくに寝る前、落ち着いてものごとを考えられることから、様々なアイデアが思い浮かびます。忘れないようにスマホを使って自分宛にメールします。

今川聖の名言|思いついたらすぐにメモをする習慣の大切さ


変えよう、変革しようとする気持ちが大事。

鈴木敏文の名言|変えよう、変革しようとする気持ちが大事


しまむらの強みは、ひとことで言うと「やることが徹底している」という点ではないでしょうか。アパレル業界は返品条件付きの取引が常識ですが、しまむらは完全買い取りです。それもある日、「今日から取引先への返品禁止」と決めたらそれを徹底的に守るのです。取引先への返品禁止を本気でやっている小売業なんて、うちぐらいのものだと思います。

野中正人の名言|決めたことは徹底的にやることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ