上田輝久の名言|問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。

上田輝久 の経歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プレゼンでは、聞き手の一人ひとりとコミュニケーションを取ることが大切です。一方通行であってはいけません。そのためにはまず、相手の目をしっかり見ること。登壇したら、心の中で「聞いてくださってありがとうございます」と言いながら、一人ひとりと目を合わせましょう。こうしたマインドセットだけでも、プレゼンの出来がまるで違ってきます。

西任暁子の名言|プレゼンは一方通行ではいけない


うちは人が全て。だから、社員の幸せが一番だと思っている。それが無ければお客様の幸せもない。

大谷義武の名言|社員の幸せが無ければお客様の幸せもない


まだ先駆者がいない分野の仕事というのは誰にも理解されないし、逆風も多い。でも誰かがやらなきゃならない。だからやるんです。

内田樹の名言|まだ先駆者がいない分野の仕事というのは誰にも理解されないし、逆風も多い


目の前の株主価値、例えば、冷静に株価を追う株主さまがいらっしゃれば、我々はそこに当然応えようとします。ただ、ステークホルダーには株主や社員、会社そのものはもちろん、同時に、お客様、地域住民、社会全体、といった我々をこれまで支えてくださった多くの関係者が含まれていると考えています。

大西賢の名言|ステークホルダーには、我々をこれまで支えてくださった多くの関係者が含まれている


ポケモンの日本にいた時、任天堂の岩田(聡)さん含めて経営層の方々と経営視点での仕事にいろいろ触れる機会があったこと。あとはPokemon USAでマネジメントを本格的にやった時も、言葉は通じない、仕事の進め方も違う、そもそも働く価値観も違う人たちと一緒に仕事をしたので、マネジメントの仕事とは何なのか、ということを考えさせられましたし、試行錯誤して良い経験になりました。

田岡敬の名言|価値観の違う人たちと一緒に仕事をしたことで、マネジメントの仕事とは何なのか、ということを考えさせられた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ