山口多賀司の名言|経営者の仕事は社員の心を打つこと

経営者の仕事は社員の心を打つこと。心と心で通じ合う人間関係を築くことが大事。それができていれば、多少難しいことがあっても、あるいは目の前に壁ならぬ岩や峠が出てきても、乗り越えられる。

山口多賀司(経営者) の経歴

山口多賀司、やまぐち・たかし。日本の経営者。「非破壊検査」社長・会長。東京出身。工学院大学工業化学科修了。非破壊検査設立。専務を経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

右か左か、イエスかノーか、今すぐ決めろ。
【覚え書き|部下が結論を先延ばししようとしたときの発言】

アール・S・国元の名言|右か左か、イエスかノーか、今すぐ決めろ


社長就任後、現場を歩くことで、少しずつ店舗や商品の実態が明らかになった。それらの課題をひとつひとつ改善していった。

松井忠三の名言|現場を歩き、課題をひとつひとつ改善する


会社を買収するときは自分の会社の本業をより強くしていける会社を買います。一番良いのはもちろん同業者です。競争相手を買うのが一番良いですね。その次に自社が持っていない技術を持っている会社を買います。

永守重信の名言|買収すべき会社


日本には感性を刺激するものがたくさんあります。ぜひいろいろなことに興味を持ち、感性を磨いてください。モチベーションが上がり、キャリアアップにつながると思います。

ナディーン・ヴェヒタ・モレノの名言|いろいろなことに興味を持つことの大切さ


いざ本番を迎えたら、「あがり」のことは極力考えないこと。早めに現地を訪れて、会場を見ておきましょう。会場を仕切るスタッフがいる場合、その方たちに挨拶しておくと気分がほぐれます。

鳥谷朝代の名言|いざ本番を迎えたら、「あがり」のことは極力考えないこと


通説を鵜呑みにしないというのは、ものごとをしっかり考える際の基本的な構え。

青山文平の名言|通説を鵜呑みにしないというのは、ものごとをしっかり考える際の基本的な構え


何事も上手くいかなくて当たり前と考える人は、将来が怖くて仕方がない。その恐怖があるからこそ努力をして、なんとか危機を避けようとする。けれども、ずっとトントン拍子でやってきた人は、将来に恐れを抱かないから、備えが中途半端になってしまい、何かトラブルがあると一発で倒れてしまいます。

矢野博丈の名言|ずっとトントン拍子でやってきた人がトラブルで一発で倒れる理由


私たちはよく「時流に乗り遅れるな」という表現をします。でも易経では時流に乗ってはいけないと説きます。時流に乗るものは時流によって滅ぶと。

竹村亞希子の名言|時流に乗るものは時流によって滅ぶ


いまは、巷にさまざまな英語の教材が溢れていて、何を選んだらよいのかわからないといった意見が、私の主宰している英語教室の受講生からも寄せられます。英語で必要とされる基本的な能力は、「リーディングカ」「ライティングカ」「会話力」。それぞれ目標とするレベルや、仕事の仕方によって勉強する事柄は変わります。一律に、まずはこれから始めなさい、といったものはありません。

古市幸雄の名言|人によって勉強する事柄は異なる


自分はわからないのに、これまでの自分の経験則や流儀を押し付けようとしても、うまく機能しません。

古賀信行の名言・格言|自分の経験則や流儀を押し付けない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ