小林幸雄の名言|若さには何ものにも代えられない力がある

振り返って思うのは、若さには何ものにも代えられない力があるということ。生意気で鼻っぱしも強い時期でしたが、それがあったからこそ、未知の世界に突き進み、新事業を開拓できたのだ思います。

小林幸雄(経営者) の経歴

小林幸雄、こばやし・ゆきお。日本の経営者。「大鵬薬品工業」社長。埼玉県出身。明治薬科大学卒業後、大塚製薬工場に入社。営業部長代理などを経て大鵬薬品工業を設立。また、ニチバン会長、大塚製薬社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内で部下や同僚と話すとき、最もコントロールが必要な感情が、自分の中の「怒り」や「責め」の気持ちです。例えば、「あいつがしていることは、ろくなことではないだろう。本当に困ったヤツだ」といった「責め」の気持ちがあれば、何を言われてもすべてネガティブにとらえて聞くので、相手が言っていることの正当性がわからなくなってしまいます。そのため、相手に対して「責め」の気持ちで話を聞くのは、判断ミスに繋がります。逆に、自分が猛烈に嬉しくて有頂天になって浮かれていると、部下が持ってきた深刻な話が耳に入りません。

佐藤綾子の名言|判断するときは感情を入れない


たくさんしゃべる多弁の人を、私たちは優れたスピーカーだと勘違いしがちですが、実は多弁は雄弁とは全く次元の違うもので、フォーカスをぼやかしたり、本人に自信がなかったり、様々な事情で、単にワード数が増えると心得ましょう。

佐藤綾子の名言|多弁は雄弁とは全く次元の違うもの


人への投資は「稼ぎ力」の源泉。

江上治の名言|人への投資は「稼ぎ力」の源泉


これからのビジネスパーソンは、定時の中で成果を残すことが評価に結び付くようになります。「仕事はできないけど、その分、人の二倍の時間働いて成果を出します」という考え方が通用しなくなるわけです。

小室淑恵の名言|長時間労働より、定時の中で成果を残すことが必要


私どもは、医師が「何のために開業するか」を徹底的に聞きます。相手を知らずに支援するのは非常に無責任です。

小山田浩定の名言|相手を知らずに支援するのは非常に無責任


日々の練習を本番と同じ気持ちで手を抜かずに行うことで、本番でも100%に近い力を発揮しやすくなる。

野村忠宏の名言|本番で100%に近い力を発揮するには


厳しい学校の寄宿舎で中・高時代を過ごした私は、音楽とは簡単に触れあえない環境にいたんですね。そこでひたすら向き合ったのが図書館の蔵書。出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源です。

黒木渚の名言|出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源


自分の能力を磨き、技術を身につけるのが20代だとすれば、その力を発揮するのが30代です。

坂本孝の名言|20代と30代の違い


専門用語を使うことがカッコいいこと、いかにも仕事ができるかのように勘違いして、特殊な言葉ばかり並べるのは、自己満足でしかないと思います。

おおたわ史絵の名言|特殊な言葉ばかり並べるのは自己満足


自分の好きなこと、興味のあることに関する仕事のチャンスがあれば、とにかく乗ってみたらいいと思います。たとえば私の場合、DECを新しい職場に選んだのはミニコンが好きだったからですし、第五世代コンピュータプロジェクトにのめり込んだのも、以前から人工知能への興味を持っていたからこそです。

村上憲郎の名言|好きなこと、興味のあることに関する仕事をやってみることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ