假屋崎省吾の名言|私の信条は一生懸命やるということ

私の信条は一生懸命やるということ。手抜きはせず、どこにいても私が一番よく動く。マグロみたいに、止まったら死ぬんじゃないかというくらいです(笑)。

假屋崎省吾 の経歴

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人と競争したくないんです。だから誰もやっていなさそうなジャンルで勝負してきた。人が思っている以上にたくさん手数を出してますよ。

津田大介の名言|誰もやっていなさそうなジャンルで勝負してきた


過去に痛い目にあったから、国際事業は関心がない、消極的になるというわけではありません。日本企業はほとんど海外に進出し、新しい市場を開拓しています。私どもも日本企業のグローバル化に対応する必要があると思っています。

三浦惺の名言・格言|過去に痛い目にあったからといって、消極的にならない


会社に入ると、学生時代と違って人間関係が複雑だったり、与えられた仕事が希望とは違うといったことが、当然のように起きてきます。新入社員がそういう壁に突き当たったら、「やっと社会人の世界に入ってきたんだね」と言ってあげたいですね。

北畑稔の名言|壁に突き当たって初めて社会人の仲間入り


たとえ能力があったとしても、自分のことばかり考えている人間は大成しない。

古森重隆の名言|自分のことばかり考えている人間は大成しない


社是は会社の憲法。これをしっかりと社員に伝えていくことで、労使の信頼関係が固まっていく。

黒土始の名言|社是は会社の憲法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ