松居一代の名言|お金には人格があり、いかにいい関係を築けるかが重要

お金には人格があり、いかにいい関係を築けるかが重要。

松居一代 の経歴

松居一代、まつい・かずよ。日本の女優、エッセイスト、ライフスタイルアドバイザー。滋賀県出身。テレビ番組『11PM』で芸能界デビュー。その後、多くの映画、テレビドラマに出演。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

東急という名前がすでにブランドになってしまったので、ある意味、仕事の話は外から来るわけですよ。中に籠っているだけでもそれなりに仕事になってしまう。でも、事業を拡大していくためにはやっぱり外に出て、新しい情報に触れるとか、未知の人と出会ったりすることが大切なのです。そういうことをやらないと会社は大きくなっていかないし、組織を革新することもできません。だから、社内のルールをぶち壊せといつも言っているのですけどね。

三枝利行の名言|成長するために社内のルールをぶち壊せ


お客様の心を動かすことが大切です。現代のようにモノが飽和している時代は、「足りないから」という動機でモノを買うことは少ないわけです。言い換えれば、お客様に「あえて買う」という意思決定をさせるだけの力が商品になければモノは売れません。

魚谷雅彦の名言|モノが飽和した時代にモノを売るには


私は整備出身だが、営業や企画も経験してきた。企画に配属されたとき、最初の仕事はエンジン選定だった。その後、中期計画や機材計画などを担当。さらに業界の仕事として定期航空協会で航空政策にも携わり、着陸料や燃料税について議論した。分野の違う仕事だったが、幸いにしてそういう順序で仕事ができたので円形脱毛症になるようなストレスはなかった。

篠辺修の名言|様々な部署を経験することが大切


階段を使わない人は実にもったいない。脳に豊富に血流を送るいいチャンスを逃しているんですから。ジムでスクワットをするのもいいのですが、階段を上るだけでも脳にいいトレーニングになります。

澤口俊之の名言|階段を上るだけでも脳にいいトレーニングになる


「変えなきゃいけないとわかっていても、なかなか変えられない」と言う人がいますが、それは「変えられない」のではなく、「変えたくない」のです。変わらないほうが楽だから、そして世の中が変わらないと思っているからです。でも、私は違う。世の中は変わる。お客様も変わる。だから、我々は常にいち早く変わるのです。

小山昇の名言|世の中は変わる。お客様も変わる。だから、我々は常にいち早く変わる。


将来のキャリアを考えるときには、希少性を高めるだけでなく、人生の複線化も欠かせない。人生が仕事一本の単線だと、その道が先細って狭くなったときに行き詰まってしまう。そこで会社のほかに、自分が属すコミュニティを複数つくり、人生に保険をかけておくことが重要。

藤原和博の名言|自分が属するコミュニティを複数つくり、人生に保険をかけることが重要


AIやロボット分野は、最初は赤字続きでしたが、「労働力を提供するという意味では人の手ではなくても良いのでは?」と考えて取り組んでいます。親会社であるアウトソーシングの基盤がいわゆる製造派遣なので、世界中のワーカーの部分を人の手で担っているわけですが、その製造業の人材調達のナレッジとロボット技術を融合すれば、第4次産業革命の中心になり得るのではないか、と期待しています。

茂手木雅樹の名言|事業の定義を見直してみる


シリコンバレーではベンチャーで働いたり、起業した経験があったりすることも強みになります。指示がなくても自分で考えて動くことができ、目まぐるしく変わる技術革新にもついてこられるスピード感を持つ人だと評価されるんです。

渡辺千賀の名言|シリコンバレーで高く評価される人の特徴


日本人中心主義ではいけない。例えばインドやインドネシアは、フランスのスタッフが市場を開拓した。ベトナムなどはシンガポールの人間が責任者になっている。どこの国の社員でも同じグループの一員として同じ目的に向かって動けるようになりつつある。

堀場厚の名言|日本人中心主義ではいけない


参考書で勉強してから過去問に挑む人が多いようですが、レバレッジをかけるには、過去問から取り組むべきです。最初に過去問をやるのは、実力を測るためでなく、結果から逆算して、今後の戦略を立てるためです。過去間を解けば、たとえ何も答えられなくても、どのようなレベルまで勉強すればいいのかがみえてきます。過去問は正確に時間を測り、本番さながらでやることが大切。時間配分がわかって、試験当日もあがらなくなります。

本田直之の名言|勉強は最初に過去問に挑戦することからはじめる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ