澤上篤人の名言|暴落時に買っておけば、どこで売っても利益となる

暴落相場なんてマスコミ中心に大騒ぎするから誰でも分かる。そこで買っておけばよいだけのこと。暴落時に買っておけば、どこで売っても利益となる。

澤上篤人 の経歴

澤上篤人、さわかみ・あつと。日本の投資家。日本初の独立系投資信託会社さわかみ投信創業者。愛知県出身。スイス・キャピタル・インターナショナルや山一證券のファンドアドバイザー、スイスにある世界最大級の資産運用会社ピクテ銀行の日本代表などを経て、さわかみ投資顧問株式会社を設立。その後、さわかみ投信を創業。テレビの投資番組のコメンテーター、投資雑誌のコラムニストなども務め、投資関連の多数の著書を出版している。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

皆さん、自分の会社のシステムはIT化されていると、自分たちはもうやっていますよと言いたいわけですよね。でもそれはIT化とは言えない。事業の中に技術集団が必要になってくるんです。今は、外部のソフトウェアの会社に開発してもらっているのでしょうが、このタイムラグが大きい。自分のプラットフォームを磨くためには、社内に技術集団を持たないとだめです。

角川歴彦の名言|社内に技術集団がいなければIT化したとは言えない


私は、世の中は「WHY」「WHAT」「HOW」の順に循環していく、という歴史観を持っています。それまで続いてきた価値観やシステムが行き詰ると、「なぜこうなってしまったのか?」といった「WHY」が問われ、その結果生まれた新しい理念に基づいて、次に、やるべきこと「WHAT」の議論が始まる。実行すべきことが決まると、どうやってそれを実行するのは「HOW」が注目され、具体的な技術が研ぎ澄まされていく。技術の進歩が限界に達して息づまると、また「WHY」の議論が始まる。この繰り返しです。

土井英司の名言|世の中は「WHY」「WHAT」「HOW」の順に循環していく


改革は一つやれば、他のことも動いていく。逆に、一つできないと何もできない。

五十嵐久也の名言|改革は一つやれば、他のことも動いていく


使えるデータを探すコツは、「これが欲しい」とピンポイントで絞りすぎないことです。今はセンサーの計測コストが下がっています。従来なら計測の対象にならなかった意外なものがデータ化されていますから、先入観を持ったままでは有用なデータと出合いにくい。どのような課題を解決したいのかという問題意識を強く持ってアンテナを張っていれば、ふとした瞬間に有用なデータと出合える確率が高まるはずです。

河本薫の名言|有用なデータに出会うコツ


ブレイクし始めた頃、大手の芸能事務所からオファーをいただいたのですが、自分の思うような方向へは行けないかもしれないと考え、辞退しました。もちろん大手芸能事務所に所属すれば、テレビタレントとして仕事が増えた可能性はあったと思いますが、僕はテレビよりもライブが好き。直接、お客様の驚いたり喜んでいる顔が見られる環境が好きなんです。

いっこく堂の名言|直接、お客様の驚いたり喜んでいる顔が見られる環境が好き


人前でスピーチをする時は、話すスピードや声の大きさなど、普段とは全く違った話し方が求められます。一度やってみるとよく分かりますが、原稿の内容を頭に叩き込み、スピードやボリュームをコントロールしながら話すだけでも、かなり苦労するはずです。効果的なボディーランゲージも加えていかねばなりません。ひたすら「練習あるのみ」です。

ニック・バーリーの名言|スピーチはひたすら「練習あるのみ」


伊勢丹新宿本店改装の目玉はいろいろありますが、まずは環境と空間づくりです。モノを売るだけでなく、お越しいただいたときにワクワクする、何か楽しいことがあるんじゃないかと思える店にしたい。

大西洋の名言|モノを売るだけでなく、お越しいただいたときにワクワクする店づくりを


経営者は「育つ」のであって、他人が「育てる」ものではありません。一人称、つまり自分自身の意志や努力で育つべきであり、誰かが自分を育ててくれると考えているようでは、まともな経営者になれないでしょう。経営者自身に学ぶ姿勢が必要なのです。

菅野寛の名言|経営者は育つのであって、他人が育てるものではない


楽しくなければ人生ではない。
楽しくなければ勉強ではない。

奥島孝康の名言|楽しくなければ人生ではない


「軽く見られないように」とか「重みを出そう」などと考えるよりも、相手にとって役に立つ人、必要な人になることを心がければ、結果として軽く見られることはなくなるのではないでしょうか。

美月あきこの名言|相手にとって役に立つ人、必要な人になることを心がければ、結果として軽く見られることはなくなる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ