渋沢健の名言|万一に備えた心構えが必要

「そんなこと起こるはずない」という思考停止に陥ることはリスクをかえって高める。万一に備えた心構えが必要になる。

渋沢健(渋澤健) の経歴

渋澤健、渋沢健、しぶさわ・けん。日本の経営者。小学2年生のときに家族とともに米国に移り、テキサス大学を卒業。卒業後、日本国際交流センター就職を経て、UCLA大学経営大学院でMBA取得し、ニューヨークのファースト・ボストン証券に入社。その後、JPモルガン銀行東京支店、ヘッジファンド大手ムーア・キャピタル・マネジメントのニューヨーク本社、同ヘッジファンド東京駐在事務所代表を経て独立。シブサワ・アンド・カンパニーを創業。日本経済界の父渋沢栄一の子孫。主な著書に『巨人・渋沢栄一の富を築く100の教え』『日本再生への提言』『これがオルタナティブ投資だ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の場合、商品と向き合い、その商品で人の生活がどう変わるのかといった「商品の先にある幸せ」を考えます。お客様の幸せな姿をイメージできれば、商品のメリットがはっきりする。

高田明の名言|商品のメリットをはっきりさせるには


目についたことを面白がるのがムダ話上手になる第一歩。「スピード」や「合理化」なんて言葉は忘れよう。なんでも面白がる好奇心はネタ集めにも繋がります。

金田一秀穂の名言|なんでも面白がる好奇心はネタ集めにも繋がる


これからの市場では何が求められるのか、利益を生み続けるにはどのような取り組みが必要か、などのヒントが潜んでいるのも現場。

鑄方貞了の名言|現場にヒントが潜んでいる


年寄りは先に死んでいくんだから、どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメだ。

土光敏夫の名言|どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメ


ちょっと残酷ですが、犬を檻に入れて、ときどき電流を流す実験があります(マーティン・セリグマンの「学習性無力感」)。ひとつの檻はボタンを押すと電流が止まるので、犬は学習してボタンを押すようになる。ところが別の檻では、ボタンを押しても電流が止まらない。するとその犬はすっかり気力を失ってぐったりと動かなくなり、刺激に対して完全に無反応になってしまう。その後、檻のドアを開けても逃げようとすらしなくなるのです。このことから、「選択肢がない」のが最大のストレスだとわかります。じつは同じことがビジネス社会にもあって、会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまうのです。

橘玲の名言|会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまう


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ