渋沢健の名言|万一に備えた心構えが必要

「そんなこと起こるはずない」という思考停止に陥ることはリスクをかえって高める。万一に備えた心構えが必要になる。

渋沢健(渋澤健) の経歴

渋澤健、渋沢健、しぶさわ・けん。日本の経営者。小学2年生のときに家族とともに米国に移り、テキサス大学を卒業。卒業後、日本国際交流センター就職を経て、UCLA大学経営大学院でMBA取得し、ニューヨークのファースト・ボストン証券に入社。その後、JPモルガン銀行東京支店、ヘッジファンド大手ムーア・キャピタル・マネジメントのニューヨーク本社、同ヘッジファンド東京駐在事務所代表を経て独立。シブサワ・アンド・カンパニーを創業。日本経済界の父渋沢栄一の子孫。主な著書に『巨人・渋沢栄一の富を築く100の教え』『日本再生への提言』『これがオルタナティブ投資だ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

みなさんが自分自身を変えてください。今日から変わってください。いますぐ変わってください。
【覚書き|社長就任時に社員に対して言った言葉】

実際に商売をしてみて、魔法は無いのだとよく分かりました。当たり前のことをコツコツと愚直に続けるしかありません。

私は知的消費としての読書を否定しません。むしろ、大いに推奨します。ゆったりと読書をするようなオフの時間こそが、クリエイティブなビジネスには必要だからです。

ひとつの業種業態に絞って単純に拡大するのではなく、半径500m以内のお客様・生活者の視点を持ってお店を作っています。

信頼とは約束と実行。それができる人にお金は集まります。しかし一方で、約束を守らない人にはその逆もある。

プロジェクトのゴールをしっかり把握していることが大切です。目の前の作業を全力でこなしていくような仕事の仕方では、いつか本来の目標を見失い、思った以上にロスが多くなるでしょう。無駄をできるだけ削ぎ落とし、本来の目的に最短距離で向かうべく手帳の上でシミュレーションします。

これから起業を考えるなら、準備は周到にしておくべきだと思います。あとは執念とバランス感覚を持って突き進めばいい。

意識的に人脈をつくろうとしていたわけではありません。転職を繰り返すうちに、自分と異なる環境に身を置く人と話す機会が多くなり、自然に人脈が広がっていきました。

現代社会におけるビジネスパーソンは、自己主張をしないと仕事になりません。しかし、和を重んじる日本では、出すぎるのも、周りから浮くのも、できれば避けたいものです。そうした現実を考えると、「問題提起 + 意見提示 + 結論」の文章の型は多くの機会に活用できるでしょう。

日本人って、そもそもコミュニケーションにものすごく気を使う民族ですよね。思っていることを言葉ではっきりと相手に伝えることがとても苦手です。そういう民族だからでしょうか、メールになると急に過激になって、誤解や揉め事が多くなってしまう。匿名の場合はなおさらです。それだけにデジタルの世界でも、言葉にならない気持ちというものを、しっかりと伝える手段を提供しなければならないと思うのです。

ページの先頭へ