水田正道の名言|横並びで、他社がやるからやるということではやっていけない

全体のパラダイム(産業の枠組み)や意識を変えていかないといけない。横並びで、他社がやるからやるということではやっていけない。

水田正道 の経歴

水田正道、みずた・まさみち。日本の経営者。「テンプホールディングス」社長。神奈川県出身。青山学院大学経営学部卒業後、リクルートを経てテンプスタッフに入社。常務、副社長などを経てテンプホールディングス社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が日本DECで出会ったものに、「make it happen」という精神があります。これは「会社にプラスになると思ったら、思いついた人からどんどんやろう」という精神です。この精神はその後、転職したいくつかの会社でも、必ず実行してきました。

村上憲郎の名言|会社にプラスになると思ったら、どんどんやろう


いくら短期的に結果を出すことを求められても、「俺が、俺が」で一人の力でやろうとしても、組織は絶対に動いてはくれないものなのです。

魚谷雅彦の名言|「俺が俺が」では組織は動いてくれない


コンサルタントとして初めて人前に立ってプレゼンをしたとき、緊張もあって上手くできませんでした。その原体験があるからこそ、いまでも人前で話すときは周到に事前の準備をするし、落ち着いて見える立ち姿やマイクの持ち方まで研究を重ねました。

加藤智治の名言|上手くいかなかった経験が向上を生む


20代の頃と違って体力も衰え、徹夜もきつくなってきた。そんなとき、知り合いの経営者は朝型が多いと気づいたんです。多忙な人ほど早寝早起きを実行している。ならば真似してみようと、試してみたのがきっかけです。なにより早起きして家でメール確認してから出勤すると、心の準備ができて焦ることもなくなりました。

武永修一の名言|習慣を真似してみる


人生には苦労や心配事がつきものだけど、楽しくワインを飲みながら美味いものを食べているときは、そんな面倒を忘れられます。イタリアでそんな光景を実際に見てきたことが、僕の原点になりました。なにせ若かったからすごく感銘を受けました。レストランという場所で、この幸せを提供するために仕事をしようと決心しました。

正垣泰彦の名言|レストランという場所で、幸せを提供するために仕事する


日々のニュースを見ていると、大きく扱われるトピックもあれば、小さいものもありますよね。でも、小さいからと言って重要ではないのかというと、そうとは限らないのです。新聞の一面に出ているニュースでも、そのときたまたま他に大きいニュースがなかったからそれを取り上げているだけかもしれない。逆に、大きなニュースがたくさんあったために、本来なら大きい扱いになるはずのニュースが小さく扱われている、ということもあります。つまり、その日のニュースを一度見るだけでは、それが長期的に見て大きなニュースかどうか、判断できないのです。最低でも一週間は寝かせてみて、時間が経ったあとで見返してみると、「これは大したことがなかった」「このニュースは重要だ」という判断が初めてできるのです。

池上彰の名言|扱いが小さいからと言って重要ではないのかというと、そうとは限らない


当社のようなシステムは他社では決して作ることができません。その理由の一つが、我々の持っている自動車のデータベースです。この強力なデータベースがないと実現できない手法なんです。それは整備士が積み上げていかないと分からない知識とノウハウの塊です。

大山堅司の名言|他社に真似されないためには


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。

上田輝久の名言|スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある


当社は中古車流通において車を売りたい人と買いたい人の間に、中間業者が非常に多く何段階もの流通マージンが発生してしまうことに疑問を感じ、インターネットを活用して中間業者の数を減らしても、車の売買が成立するビジネスモデルを確立しました。既存の中古車流通を手掛ける会社にはできない当社のだけのビジネスモデルと言えるでしょう。

林耕平の名言|既存の会社にはできないビジネスモデルを


私の作品を見たフランスの婦人が、「あなたの着物には伝統とモダンが共存している。日本の素晴らしい文化に関わることができて幸せね」と声をかけてくださったんです。これまで私は、着物を単なる衣服として、美しければいいと考えていたんですが、この言葉をきっかけに、着物の歴史や技術のことなど、奥深い背景の部分にまでしっかり向き合っていこうと決意しました。

高橋理子の名言|背景の部分にまでしっかり向き合う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ