藤田晋の名言|若い時に苦労している人は、逆境に強い

若い時に苦労している人は、逆境に強い。粘り強く最後まで諦めない姿勢で仕事に取り組む。そんな優秀な人ほど、自分を厳しい環境に置く。

藤田晋 の経歴

藤田晋、ふじた・すすむ。日本の経営者。サイバーエージェントの創業者。福井県出身。青山学院大学経営学部卒業後、人材紹介・派遣事業の株式会社インテリジェンスに入社。その後、インテリジェンスの出資を受けサイバーエージェントを設立。同社を東証マザーズに上場させた。主な著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『ジャパニーズ・ドリーム』『藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー』『藤田晋の成長論』『渋谷ではたらく社長の成功ノート』『起業ってこうなんだ(共著)』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アメリカの保険代理店を訪れたとき、デスクに2台のモニターがあって、一人が同時に2つの画面を開いて仕事をしていたのです。こうすると、ひとつの画面を開いたまま、もうひとつの画面で別の仕事をしたり必要なことを調べたりできます。これは便利だということで、帰ってからすぐに「デュアル画面」を導入しました。

八代元行の名言|いいと思ったことをすぐに取り入れることの大切さ


世界に問題があるならば、それに対して反応し、行動することが大事だ。

チェ・ゲバラの名言|世界に問題があるならば、それに対して反応し、行動することが大事だ


これまでグローバル競争に敗れた日本企業というのは、トップが決めるべきところを合議制にして、どっちつかずの間に勝敗が決まっていく。勝敗が決した後に後出しじゃんけんをしても利益は出ないということですね。その意味で、これから経営者に求められるのは区分け能力です。自分で決めるべき大きな方向感と、部下に任せていけばいい部分の判断をきちんとすることですね。

冨山和彦の名言|勝敗が決した後に後出しじゃんけんをしても利益は出ない


企業理念の10条件

  1. 作成の過程に社員の十分な参加・参画がある。
  2. 紙に書いてあり、「見える化」度が高い。
  3. 表現、内容、長さがユーザー・フレンドリーであり、人を鼓舞する。
  4. 差別化があり、戦略の根源として機能している。
  5. グローバルに通用する。
  6. 社内外のステークホルダーに対し徹底的にコミュニケートされている(頻度、場、方法等)。
  7. 経営判断・決断や業務の場で経営上の道具(ワーキングツール)として使われている。
  8. 定期的に実践評価が行なわれ、是正措置が採られている。
  9. 必要に応じて改訂を加えている。
  10. トップの強いコミットメントが具体的な形で示されている。

新将命の名言|企業理念の10条件


当社では定期的に企業倫理アンケート調査を行っていますが、「仕事に誇りをもっている」と「社会に貢献している」との回答は毎回高い。これが私たちの何よりの強み。創業以来137年間受け継がれた伝統でしょうね。

中本晃の名言|誇りを持って働ける会社に


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ