税所篤快の名言|口で言っているだけでは意味がなくて、実績を出して初めて周囲の共感を得られる

口で言っているだけでは意味がなくて、実績を出して初めて周囲の共感を得られる。

税所篤快 の経歴

税所篤快、さいしょ・あつよし。日本の社会起業家。東京出身。早稲田大学教育学部在学中、グラミン銀行についての本を読んだことをきっかけに、バングラデシュに行きグラミン銀行研究ラボで日本人初のコーディネーターとなる。その後、教育格差をなくすための活動を開始。安価に教育を受けられる映像授業を広めるため「e-Educationプロジェクト」をスタートさせる。バングラデシュを皮切りに、映像授業を世界に広める活動を行った。著書に『前へ!前へ!前へ!』『最高の教室を世界の果てまで届けよう』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マイナスの要因を最小限に抑える一方で、成長分野への投資を仕掛けることが、復活への出発点。

淡輪敏の名言|復活への出発点


職場のストレス対策を考えるとき、緩衝要因は大きな意味を持ちます。緩衝要因とは、上司や同僚、家族による社会的支援です。仕事そのものはつらくても、上司や先輩がその大変さを理解してくれていれば、ストレス反応はそれほど大きくならないかもしれません。反対に、上司が仕事の大変さをまったく理解せず、むしろ本人を追い込むような言動をすれば、ストレス反応は大きくなるでしょう。

白波瀬丈一郎の名言|職場のストレス対策を考えるとき、緩衝要因は大きな意味を持つ


500年続く企業を率いていると、「伝統が大切ですね」と皆さんおっしゃいます。もちろん伝統は大切です。けれど一番大切なのは「今」です。今、生きている皆さん、今、買い物に来てくださる皆さんに最大限の気を配り、おいしいと思っていただける菓子を作らなくてはならない。伝統だけでは今日の仕事はできません。

黒川光博の名言|伝統だけでは今日の仕事はできない


誰かがミスをして、その代わりに自分に大事な仕事が回ってきたとする。それ自体は、「タナボタ」でしかないけれど、どうせ「誰かの代役」と思うか、「チャンス」ととらえるかで結果も変わってくる。

織田裕二の名言|どうせ「誰かの代役」と思うか、「チャンス」ととらえるかで結果も変わってくる


未来をよりよくしていくには、まず過去と現在を知らなくてはいけない。

辻庸介の名言|未来をよりよくしていくには、まず過去と現在を知らなくてはいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ