曽根原容子の名言|悲観的にとらえるか、経験だととらえるか

何事も考え方次第という精神で乗り越えてきた。悲観的にとらえるか、経験だととらえるか。特に女性は落ち込みやすいので、その違いは大きい。

曽根原容子 の経歴

曽根原容子、そねはら・ようこ。日本の経営者。「エス.」社長。静岡県出身。マッサージ・鍼灸師の資格取得後、スリムビューティハウスに入社。西日本統括部長を経て独立。エステサロン、ネイルサロン、総合美容学校などを経営した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「どうせ自分は……」が口癖の人は要注意。愚痴をこぼすとエネルギーを無駄に使うため、たとえ体調が万全でもエネルギーが早々に尽きるのです。

名越康文の名言|愚痴をこぼすとエネルギーを無駄に使う


アイデアを出すと人間って楽しくなってくるんですよ。何かイケそうな感じがしてくる(笑 )なので、そういう人を増やしたいですね。

柳澤大輔の名言・格言|アイデアを出すと何かイケそうな感じがしてくる


これからのビジネスは、ただの金もうけと受け取られると振り向いてもらえなくなる恐れがあります。まずは顧客をいかに幸せにできるかを純粋に考え、いわば「徳」を積む。ただし、ボランティアや慈善団体ではないので、それを強力なマーケティングツールとして、収益を得ることを考えるべき時代になると思います。

松林博文の名言|まずは顧客をいかに幸せにできるかを純粋に考える


やってみなきゃわからないことってあるじゃないですか。やってみてお客さんが答えをくれるんです。事業計画は綿密に立てますが、実際はその都度その都度考えながらやるわけです。初めからわかっているならみんな成功します。

澤田貴司の名言|やってみて、その都度考える


私も飲食業の経営者として、お客様の満足を優先したいという気持ちを持っています。タバコを吸う方であれ吸わない方であれ、私たちの店で料理やお酒を楽しんでいってほしいと心から願っています。ただ、僕はそれだけではないと思うんです。こういう問題では、お客様の満足以上に、従業員がどう感じるかということのほうが大事です。私たちのスタッフは、お客様と空間を共有して働いています。店内でタバコを許せば、受動喫煙の害を受けるのは彼らです。だから、ある店で喫煙を認めるかどうかを決めるときには、最初に店長以下スタッフの声を十分に聞くようにしています。いくらお客様のためでも、スタッフが嫌がるならその店はもちろん禁煙にします。

新川義弘の名言|お客様だけでなく接客するスタッフのことを考えて判断する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ