曽根原容子の名言|上司が大切にしたくなる部下の特徴

上司が困っていたら、さりげなくフォローするといい。実際、自分が上司になってみると、そっと手を差し伸べてくれる部下には心から感謝する。その部下を大事に扱うようになる。

曽根原容子 の経歴

曽根原容子、そねはら・ようこ。日本の経営者。「エス.」社長。静岡県出身。マッサージ・鍼灸師の資格取得後、スリムビューティハウスに入社。西日本統括部長を経て独立。エステサロン、ネイルサロン、総合美容学校などを経営した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社はチャレンジが好きな会社です。ただし、チャレンジやイノベーションの追求は、あくまで手段。目的は社会課題の解決にあります。立ち向かうべき課題があるから、そこに知恵と技術を結集し、挑戦していくのです。

僕の場合は、一生懸命やってくれるコーチの思いに応えたいというところから始まり、自分の家族、コーチの家族、スポンサーの方々、ファンの皆さん、支えてくれるすべての人を思うことで、大きなことを成し遂げることができた。人は応援されることで、壁を乗り越えられるのだと思います。これからもその思いを胸に頑張ります。

ただ戯れと知りつつ戯れれば心安くして戯れの極端に走ることなきのみか、時にあるいは俗界百戯の中に雑居してひとり戯れざるもまた可なり。人間の安心法はおよそこの辺にありて大なる過ちなかるべし。

リーダーの役割は、「こういうゴールを達成したい」という目標を提示するとともに、生じている不都合や軋みを、少しずつ直していくこと。

指導者は自分自身をコントロールする努力も必要になります。私の場合、特にオンとオフの切り替えを重視していました。自宅に帰れば、主婦として、母として家事をこなし、子供が小さい頃はお菓子作りなども楽しみました。メリハリある生活を意識することでベストな自分を保つことができました。

ディレクターが書いた原稿は、自分に自然な言葉に徹底して直します。モノによっては、自分で書く。

メール処理でぜひ勧めたいのが、テンプレートを活用することです。手紙を書くときに文例集を参考にするように、それをテンプレートとして保存しておき、場面に応じて修正を加えて使うのです。基本のテンプレートを見直すことによって急いでいるときでも用件の漏れを防ぐことができますし、メールの処理時間を短縮することができます。

下を変えたければ、まず上が変わることです。会議も、全社的に「報告のための会議」が増えていたので、まず経営会議を「発言しない人は出席しなくていい」というスタイルに変えたら、全体も変わりはじめました。

ITバブルの崩壊やリーマン・ショックなどを経るにつれ、日本人が経済学を知らない弱点を改めて痛感しました。日本人は経済学を知らない、そして「心優しい」ことにより、経済危機に対して心情的、情緒的な反応ばかりをしてしまう。

皆さん、江戸切子と言えばカットグラスやお皿などといった日用品を想像するでしょう。かつては、直径1メートルほどのパンチボウルなども制作していました。大きな作品は幅広い技術と経験がないとできない、職人の腕の見せ所。しかし、いまではそうした受注がないため、技術を披露する場がなくなりました。

ページの先頭へ