田中和彦の名言|幸運に出会う確率を上げるために、たくさんの人と会う

家にずっと閉じこもっている人と、毎日いろいろなところへ出かけ、たくさんの人と会う人とでは、どちらが幸運に出合う確率が高いかは明らか。

田中和彦 の経歴

田中和彦、たなか・かずひこ。日本の人材コンサルタント。大分県出身。一橋大学社会学部卒業後、リクルートに入社。同社人事課長として社員の採用・教育・能力開発などを担当したのち、広報課長を経て、転職情報誌『週刊ビーイング』『就職ジャーナル』など4誌の編集長を歴任。ギャガ・コミュニケーションズ副社長、クリーク・アンド・リバー社執行役員、キネマ旬報社代表取締役などを経てコンサルタントとして独立。プラネットファイブを設立。そのほか、書籍、映画、雑誌などのプロデューサーとしても活動。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

予算や人事は地域本部の判断に任せている。一方、本社は本社でしかできないことに注力する。

二宮雅也の名言|予算や人事は地域本部の判断に任せている。一方、本社は本社でしかできないことに注力する


熱狂的なファンになってもらえれば、値上げがあったとしても、必ず残ってくれます。

ジェイ・エイブラハムの名言|熱狂的なファンになってもらえれば、値上げがあったとしても、必ず残ってくれます。


独立後、すぐに前職の年収を上回るケースはまれ。ほとんどの場合、1年目は収入減となります。それを見越して、運転資金や生活費を準備しておく必要があるでしょう。

齊藤孝浩の名言|収入減を見越して、運転資金や生活費を準備しておく必要がある


5年後10年後に自分はこうしたいと願っても、世の中は激しく変わる。予想もしない出来事が起こることは十分にありえます。それなのに過去に立てた目標にとらわれていれば、時代遅れの人間になるだけ。

成毛眞の名言|過去に立てた目標にとらわれていれば、時代遅れの人間になるだけ


業績を上げ個人の質を高めるには「自責」の思考法が必要。問題を率先して解決し予防する責任は自分にあるのだと考えて積極的に関わっていく態度です。会社の業績を飛躍的に良くする為には、「自責」で考える社員を一人でも増やすことが一番効果的です。

松本洋の名言|会社の業績を飛躍的に良くする為には、「自責」で考える社員を一人でも増やすことが一番効果的


いまの家庭は子供が少ないじゃない。1人か2人で、8人兄弟とか6人兄弟とかいないじゃない。そうすると子供が宝物になっちゃって、それで育てるから甘えん坊になっちゃうんだね。

赤塚不二夫の名言・格言|少子化は子供を甘えん坊にしてしまう


私の知っている人々でも、皆がよい人だと褒め過ぎて悪口を言われない様な人々は、おしなべて馬鹿に限るようだ。オシャカ様やキリストの様な人物がおるのなら喜んで例外を認めるが。

白洲次郎の名言|皆がよい人だと褒め過ぎて悪口を言われない様な人々は、おしなべて馬鹿に限るようだ


子どもに長所や短所があるのは当たり前です。短所を責めるのではなく、できること、良いところを伸ばしていく。そうすれば、一人ひとりの能力を発揮し、社会で活躍できる場面がたくさん出てくる。

大橋光夫の名言|短所を責めるのではなく、できること、良いところを伸ばしていく


小説を書くという仕事のうえでも、若い頃からお金を惜しみなく使ってきたことが大いに役立っています。バブルの頃などには高級な和服をずいぶんと買ったものですが、あの経験があったから、時代小説を書くときに和服を描写することができる。お金を使った成果だと思います。

林真理子の名言|お金を使う経験の成果


全日空には、いざというとき、最後の最後には「なにくそ!」という粘りがある。「現在窮乏、将来有望」という言葉があります。これは、全日空の前身である日本ヘリコプター輸送の創業者、美土路昌一氏の言葉なのですが、まさに全日空をひと言で表していると思っています。

大橋洋治の名言|最後の最後には「なにくそ!」という粘りがある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ