ガー・レイノルズの名言|クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もある

プレゼンの中身についてのアイデアを書き出すとき、質より量を重視します。クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もあるのです。

ガー・レイノルズ の経歴

ガー・レイノルズ。プレゼンテーションの専門家。関西外国語大学准教授。米国のオレゴン州出身。ハワイ大学大学院卒業後、日本に渡り茶道や禅を学ぶ。その後、住友電気工業、アップルなどに在籍したのち、プレゼンテーションの専門家として独立。数多くの企業をクライアントを持つ。また、関西外国語大学経営学部准教授としてプレゼンテーションを教えたり、ライター、デザイナー、ミュージシャンとしても活動している。著書に『プレゼンテーションzen』『シンプルプレゼン』『裸のプレゼンター』『プレゼンテーションzenデザイン』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

九州新幹線の開業に向け、予算の関係で頻繁に上京して国士交通省に出向くなど、多忙を極めていましたが、その合間を縫って現場を訪れ、自ら社員に語りかけました。社員たちの努力のおかげで、いまでは当社のサービスは国内トップレベルになったと自負しています。

石原進の名言|忙しいときでも現場を回ることが大切


大手ベンダーをはじめ業界に特化した基幹システムはたくさん販売されています。しかし予算の範囲内でそれらの条件をすべて満たすものは存在しなかったのです。顧客管理や予約管理を行う業務システムは旅館経営のコアの部分なので妥協はできません。ましてや私の体にはホンダの「たいまつは自分の手で」というDNAが息づいていますから、「ないなら自分でつくってみよう」と決断したのは必然だった。

宮崎富夫の名言|ないなら自分でつくってみよう


昆虫学者というと、好きなことを仕事にしていいなと思いますか? でも私はこの世界で生き残るため、時間をいとわず研究に没頭しました。いわば、「一人ブラック企業」状態(笑)。その原動力は「自分のため」。バッタを研究するのは、突き詰めれば「昆虫の研究で飯を食いたい」という自分の欲のため。アフリカの食糧問題はその次。不届きと思われるかもしれませんが、それが高いモチベーションです。

前野ウルド浩太郎の名言|原動力は「自分のため」


企業の力とは、「活力」と「健全さ」。活力とは「なすべきことをする」ことであり、健全さとは「なすべからざることをしない」こと。

田中一弘の名言|企業の力とは、「活力」と「健全さ」


腐ってたら絶対うまくいかない。腐ってるってことは、状況のせいにしたり、時代のせいにしたり、他人のせいにしてるわけで、たまにはそういう時もあっていいと思うんですけど、実は時間の無駄やと思う。周りに恵まれてる人は腐っても誰かが手助けしてくれるのかもしれませんが、僕が10代後半で腐った時にはみんなから無視されて。腐っても誰も助けてくれへんっていうのを早い段階で経験したのはラッキーでしたね。

又吉直樹の名言|腐るのは時間の無駄


変える勇気を持つことが成功につながる。変化を恐れて何もしないでいると、ジリ貧になっていくだけ。自ら積極的に行動を起こすことが大切。

森川亮の名言|変える勇気を持つことが成功につながる


落ち目になってから業態を変えるよりは、まだ売上も伸びていて、メンバーのやる気もあるタイミングで動き始めた方がいい。

宇佐美進典の名言|好調なときに業態を変える


社長の仕事のうちの大部分は、決断にかかわるものです。一つひとつの決断をできるだけ素早く下すようにしないと、何も進まなくなってしまいます。

鑄方貞了の名言|社長の仕事のうちの大部分は、決断にかかわるもの


2年前から、毎朝、自宅のトイレでしている日課があります。それは、ドラッカーの名言を紹介した『ドラッカー365の金言』を、1ページだけ読むことです。また、通勤電車では、中国の古典である『菜根譚』のオーディオブックも聴いています。きっかけは、経営者として成長するためには、広い範囲の教養が必要だと感じたこと。ただ、仕事が忙しく、じっくり勉強する時間は持てません。そこで、毎日数分でいいから、コツコツ積み重ねようと考えたのです。

村上崇の名言|毎日数分でいいから、コツコツ積み重ねる


我々よりも歴史が古くて立派な会社はたくさんあるじゃないですか。その会社と競争して、やっぱり金メダルを取らないといけないですね。銀メダルや銅メダルではどうしようもないわけですよ。

大野直竹の名言|金メダルを取らないといけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ