ガー・レイノルズの名言|クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もある

プレゼンの中身についてのアイデアを書き出すとき、質より量を重視します。クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もあるのです。

ガー・レイノルズ の経歴

ガー・レイノルズ。プレゼンテーションの専門家。関西外国語大学准教授。米国のオレゴン州出身。ハワイ大学大学院卒業後、日本に渡り茶道や禅を学ぶ。その後、住友電気工業、アップルなどに在籍したのち、プレゼンテーションの専門家として独立。数多くの企業をクライアントを持つ。また、関西外国語大学経営学部准教授としてプレゼンテーションを教えたり、ライター、デザイナー、ミュージシャンとしても活動している。著書に『プレゼンテーションzen』『シンプルプレゼン』『裸のプレゼンター』『プレゼンテーションzenデザイン』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンビニエンスストアを小売りではなく飲食業としてとらえると、業界上位は彼らに占められてしまう。朝の通勤途中で昼ご飯を買われてしまったら、我々は手出しができない。いかに客に近づくかは重要な課題だ。

河村泰貴の名言|他業種の敵を意識することが大切


中間管理職が部下を育てるためには「フィードバック」が有効。フィードバックとは、良くない行動を取っている相手に対して耳の痛い指摘をするとともに、正しい行動へと立て直すサポートをすること。

中原淳の名言|中間管理職が部下を育てるためには「フィードバック」が有効


起業家がもっと幸せで健康で裕福になるのに特に役立つ要素はひとつ。それは「セルフコントロール」。自分をコントロールすることだ。たとえやりたくないときでも、やるべきことをするというセルフコントロールの力を持っていた方が幸福になれる。

ロバート・キヨサキの名言|セルフコントロールの力を持っていた方が幸福になれる


お金のためだけの苦役として仕事をしているところに、クリエイティブな事業なんて生まれるはずがない。

梅田望夫の名言|お金のためだけの苦役からクリエイティブな事業は生まれない


数字が2つあったら足してみろ、3つあったら割ってみろ。

孫正義の名言|数字が2つあったら足してみろ、3つあったら割ってみろ。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ