斎藤広達の名言|社長視点で考えると、何を学ぶべきかが見えてくる

もしあなたが今日、とある会社の社長として「経営」の指揮を執るとしたら、一体、何が足りないのか。会社全体を「俯瞰」した時、どの分野のことが分かっていないのか。こんな視点で考えると、何を学ぶべきかが見えてくる。

斎藤広達 の経歴

斎藤広達、さいとう・こうたつ。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学卒業後、エッソ石油(のちのエクソンモービルマーケティング)に入社。マーケティング関連の業務に従事する。シカゴ大学経営大学院でMBAを取得。ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーなどでコンサルタントとして活躍したのち、日本の出版社ゴマホールディングスの社長を務めた。主な著書に『ビジネスプロフェッショナルの教科書』『サンクコスト時間術』『MBA的課長術』『MBA式「無駄な仕事」をしない技術』『ビジネス力養成講座』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ