斎藤広達の名言|社長視点で考えると、何を学ぶべきかが見えてくる

もしあなたが今日、とある会社の社長として「経営」の指揮を執るとしたら、一体、何が足りないのか。会社全体を「俯瞰」した時、どの分野のことが分かっていないのか。こんな視点で考えると、何を学ぶべきかが見えてくる。

斎藤広達 の経歴

斎藤広達、さいとう・こうたつ。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学卒業後、エッソ石油(のちのエクソンモービルマーケティング)に入社。マーケティング関連の業務に従事する。シカゴ大学経営大学院でMBAを取得。ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーなどでコンサルタントとして活躍したのち、日本の出版社ゴマホールディングスの社長を務めた。主な著書に『ビジネスプロフェッショナルの教科書』『サンクコスト時間術』『MBA的課長術』『MBA式「無駄な仕事」をしない技術』『ビジネス力養成講座』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業のトップは最終責任者として、決断をしなければならない。私は長年社長をやりましたが、いつもその場ですぐに決断してきました。

金川千尋の名言|企業のトップは最終責任者


当社が大事にしているのが、当たり前のマネジメントサイクルをしっかりと回すこと。具体的には、毎日朝礼を開いて経営の理念とビジョン、サービスマインドを唱和する。終礼もその日の反省と次の日の対応のために実施する。これをすべての現場で実行しています。さらに、週次、月次の会議、クォーターレビューなどでの表彰、年次の戦略ミーティングも欠かせません。こうしたごく当たり前のマネジメントサイクルをしつこく回す。これが、みんなの意識を一つにする唯一のマネジメント手法ではないかと思います。

石見浩一の名言|当たり前のマネジメントサイクルをしっかりと回すことが大切


タイの店での味は徹底して日本と同じ味にこだわります。夢は全世界に幸楽苑のラーメンのスタンダードを作ること。海外の食材を使い日本と同じ味を作るのは苦労しますが、それでもこだわります。

新井田傳の名言|大きな夢を持つことの大切さ


最初の話題に一番いいのが天気の話題というのも、日米、いや世界共通です。天気ネタは誰も不快にさせず、気分を共有できる話題として古今東西で重宝されています。

杉田敏の名言|天気の話題は世界共通


親の七光りなんてくそ食らえ。
他人の七光りで生きろ。

島地勝彦の名言|他人の七光りで生きろ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ