大宮久の名言|今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事

今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事。既にある分野に参入していけば取り合いになるだけですから。

大宮久 の経歴

大宮久、おおみや・ひさし。日本の経営者。「宝ホールディングス」社長・会長。京都府出身。同志社大学商学部卒業、米国ノースウエスタン大学大学院留学。寶酒造(のちの宝ホールディングス)に入社。開発部長、取締役、常務、専務、バイオ事業部門長、東地区酒類事業部門本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、京都経営者協会会長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕らはもともと、低予算・低姿勢・低カロリーの「三低」をモットーにしてきたので、制作費が少ないからいい番組がつくれない、なんて思ったことはありません。

失敗とは、自分が考えていなかったことが起こり、かつそれが自分や組織にネガティヴな影響を与えること。失敗したら、繰り返さない工夫を考えるチャンスと捉えることが大切。

そのうち起業しようと思っているんだとしても、いつも独りぼっちでいるという意味での一匹狼にはならないほうがいい。リーダーとしての自覚や責任を持つことと、独りで吠えることを混同している人がたまにいるようですが、狼になるなら、仲間をまとめる力を持った狼になってください。

ある社員がこの仕事はつまらない、こんな仕事をやっても評価されないから損だといったとしましょう。しかし見方を変えると、その仕事をやることが将来ものすごく役に立つという場合もあります。あるいは、自分の仕事は歯車のひとつにすぎないという社員もいます。そういう社員には、企業がどんな形をしていて、どういうメカニズムで動いているかを解析してやる必要があります。それがわかると、自分の仕事の価値を自覚できるケースもあります。

トリンプ社長時代、経営を行ううえで、私が意識していたのは、常にスピードを上げていくことでした。多少の拙速は大歓迎。まずは走り出してみて、走りながら考えるくらいでちょうどよい。6割くらいいけそうだと思えば、とにかくやってみることです。

成長しないでいいと言える企業はないでしょう。問題は成長の仕方。拡大しすぎてそれがもとで失敗している会社もあるし、成長がないために固まって腐っちゃうケースもある。規模拡大を極端に重視しているわけでは全くありません。

部下が来期の目標数値を持ってきたとしましょう。そこで彼が、「今回の数字の根拠は……」と大量のデータを一つ一つ説明し始めたら、その時点で不合格。上司は瞬時にその数字の背景を想像することができず、判断できないためです。逆に、「数字を導いたポイントはここにあります」と重要な点だけを簡潔に説明してくれたときは、安心できます。

ビジネスはアイデアを並べ立てるだけでは始まらない。次にそれらを商品開発や事業開発の企画まで持ち込む必要がある。そこへの第一歩として、アイデアをいかにビジネス企画会議のための資料として整理できるか、それが次の課題となる。

知的なタフネスを獲得しようと思ったら、精神的なタフネスと肉体的なタフネスが必要なのです。だから僕は、とても摂生していますよ。大酒も飲まないし、タバコも吸わない。だから、風邪を引くことなんてほとんどありません。

年配の方、主婦や小学生など番組ごとに視聴者層を考えて、言葉を選んで伝える必要性を感じます。例えば「バイタル」という言葉はファンには説明不要のサッカー用語。番組や伝える状況によってはわかりやすい言葉として、守備と中盤の間、攻撃にも守備にも非常に重要なエリア、と細かくいう必要もあるので使い分けていくように心掛けているつもりです。

ページの先頭へ