大宮久の名言|チャンスは他社が挑戦していないところにある

勝つためには、自社の強みを生かして、かつ他社と比べてチャンスがあるところに打って出なければいけない。チャンスは他社が挑戦していないところにある。

大宮久 の経歴

大宮久、おおみや・ひさし。日本の経営者。「宝ホールディングス」社長・会長。京都府出身。同志社大学商学部卒業、米国ノースウエスタン大学大学院留学。寶酒造(のちの宝ホールディングス)に入社。開発部長、取締役、常務、専務、バイオ事業部門長、東地区酒類事業部門本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、京都経営者協会会長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現状のビジネスが成り立たなくなるということは、それに代わる新しい事業やサービスが生まれるということ。それを自らつくることができる人材は必ず重宝がられる。

田中栄の名言|現状のビジネスが成り立たなくなるということは、それに代わる新しい事業やサービスが生まれるということ


新しい部署に配属されたら、最初の半年間は自分の時間を相当犠牲にする覚悟を持つことが必要です。スタートの半年間で、その仕事に関する勉強を一気にやり込んでしまうのです。そうやって、その仕事のスキルを相当程度身につけてしまう。ある程度のレベルまで半年で駆け上がるのです。すると、仕事に追いかけられなくなります。これができないと永久に仕事に追われる状態が続きます。

茂木友三郎の名言|仕事に追われず、追いかける人間になるには


まず海外では文化や風習の違いを強く認識し、現地の価値観や風習を理解するのは非常に骨が折れることだと覚悟しなければいけません。その一方で、同じ人間であり、本質的な部分では分かり合えるし、同じことを望んでいると信じることが大切です。

関淳の名言|海外で仕事するときにわきまえるべき2つのこと


弊社の創業当時は、お腹さえ満たせれば良い時代でした。満たされた後にはおいしさが求められ、それから安心・安全へとさらに健康へと、消費者の要求は決してとどまることはありません。

川西修の名言|消費者の要求は決してとどまることはない


優秀な人材の囲い込みが起こらないように、人事異動では優秀な順番に人材を出す決まりにしています。部下は固有財産ではないのです。

松井忠三の名言|部下は固有財産ではない


私が思うに、日本人がとても不得手なことが2つあって、ひとつは自分のことを上手にアピールすること。グローバル化がますます進む世界で、自己アピールする術を身につけることは、とても大切です。もうひとつは、本人の前でその人を評価して褒めること。日本人は照れてしまって、どうしてもぎこちなくなってしまう。でも、外国のビジネス―パーソンはごく自然に褒め称え、その人の気持ちを心地よくしてくれます。

伊藤美恵の名言|日本人が不得手な2つのこと


クーポンを配れば一時的にお客様は増えます。しかし配らなくなるとまた減る。

米濱和英の名言|クーポンを配れば一時的にお客様は増えます。しかし配らなくなるとまた減る。


古語に「三年の蓄えなければ国にあらず」といっている。外敵が来たとき、兵隊だけあっても、武器や軍用金の準備がなければどうしようもない。国ばかりでなく、家でも同じことで、万事ゆとりがなければ必ずさしつかえができて、家が立ちゆかなくなる。国家天下ならなおさらのことだ。

二宮尊徳の名言|国も家も、不測の事態のための蓄えが必要


物ごとの原理原則を守っていこう。

本庄八郎の名言|物ごとの原理原則を守っていこう


「つながり力」を伸ばしたいなら、相手を好きになるのが近道です。そうすれば、興味がわいて自然と話が弾みます。また、顧客と同じ視点に立つのも有効。私は「外部の制作会社」ではなく、「社内のWeb制作部門」のような意識で仕事に取り組んでいます。そうして取引先とパートナーになることが大切なのです。

岩上貴洋の名言|相手とのつながりを強化するには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ