了徳寺健二の名言|生き残るために一番大切なのは、国民のためになるか、多くの人の幸福や利益になるかどうか

生き残るために一番大切なのは、国民のためになるか、多くの人の幸福や利益になるかどうか。

了徳寺健二 の経歴

了徳寺健二、りょうとくじ・けんじ。日本の学校経営者。「了徳寺大学」理事長・学長。鹿児島県出身。高校卒業後、川﨑製鉄に入社。同社柔道部監督を務めたのち、医療法人徳友会を設立。その後、了徳寺学園、了徳寺学園医療専門学校、了徳寺学園リハビリテーション専門学校、了徳寺大学を設立。そのほか、千葉県柔道連盟会長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商品はローテクだが、それをハイテクで作る。

猿丸雅之の名言|商品はローテクだが、それをハイテクで作る


ストーリーラインで数字をとらえる感覚が大事。ストーリーがあれば数字は面白くなりますし、説得力のある話もできるわけです。

鈴木健一の名言|ストーリーラインで数字をとらえる感覚が大事


生きていく中で、脳が震えるほどの瞬間をどれだけ持てるか。それが、人生の価値を決めていくのだと思っています。

秋山豊寛の名言・格言|人生の価値を決めるもの


業務を委託する側の最終ゴールは「事業(プロジェクト)の成功」にあります。社内のリソースを活用するか、外部に委託するかは「手段の違い」でしかありません。よって、外部委託先といえども事業やプロジェクトを成功に導く一員であるという「意識」が大切。

松本康男の名言|社内のリソースを活用するか、外部に委託するかは「手段の違い」でしかない


儲かる事業ではなく、大衆の喜ぶ事業を。

小林一三の名言|儲かる事業ではなく、大衆の喜ぶ事業を


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ