了徳寺健二の名言|生き残るために一番大切なのは、国民のためになるか、多くの人の幸福や利益になるかどうか

生き残るために一番大切なのは、国民のためになるか、多くの人の幸福や利益になるかどうか。

了徳寺健二 の経歴

了徳寺健二、りょうとくじ・けんじ。日本の学校経営者。「了徳寺大学」理事長・学長。鹿児島県出身。高校卒業後、川﨑製鉄に入社。同社柔道部監督を務めたのち、医療法人徳友会を設立。その後、了徳寺学園、了徳寺学園医療専門学校、了徳寺学園リハビリテーション専門学校、了徳寺大学を設立。そのほか、千葉県柔道連盟会長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は社員全員に焦点を当てた経営を目指しています。そのひとつの現われが「成功事例をたくさん拾い上げて発表すること」です。活躍している社員の情報を入手しては、月一回の全社員向けのビデオメッセージで発表しています。

離職率の高いときは人への投資をしにくいものですが、あえて先行してそれに取り組むことで、好循環を生むことができました。

自己紹介のときに注意したいのは、伝えたい気持ちばかりが勝って長々と語ってしまうこと。これでは相手の集中力が途切れて興味を持たれません。大切なのは短さとユニークさ。「売れない中小企業のホームページをリニューアルする専門家の○○です」など、インパクトの強いキャッチフレーズを用意しておくと良いでしょう。

よいプロジェクトは、よくできた料理本に似ています。料理本のレシピには、仕上がり写真、材料と分量、調理時間が必ず明記されています。同様に、良いプロジェクトには、明確なゴールイメージ、スケジュール、担当する人数と役割、必要な工程、進め方、納期が決まっており、メンバー全員が意識を共有しています。

他人にはないオリジナリティというものは、いきなり生まれるものではありません。世界の見方を変えたレヴィ=ストロースもアドラーも若い頃から長く先人の真似をして仕事をしてきたからこそ、オリジナルな仕事ができるようになったのです。

私は1989年の日経平均3万8915円も経験したが、その後の相場下落の中では手が震えるような思いも味わった。また、ITバブル崩壊の時には、「やはりバブルは崩壊するんだ」と改めて身を持って体験した。常に何かの備えをしておかなければならないと感じた。

トヨタ自動車が「カイゼン」で生産ラインの工程を縮めていくように、農地も集約する必要があります。今後はさらに構造改革を進めます。

グローバル時代に活躍するために大事なのは、新しいシチュエーションにたじろがないこと。新しい土地や環境、仕事、とりわけ責任のある仕事に就くことにたじろいではいけない。

古来から、幸せは人間関係に恵まれる「福」、経済的に恵まれる「禄」、健康に恵まれる「寿」の3つのバランスから成ると言われます。UCOMはこの「福」を支えるコミュニケーションを担う会社です。いつでも「つながっていること」が意識できる実感。それがUCOMが提供できる最大にして究極の商品なのです。

複数人による共同代表制の組織のよいところは、メンバー一人ひとりが、物事を広く・深く考えるようになること。

ページの先頭へ