了徳寺健二の名言|一極集中で得意分野を作ることで、差別化を図る

他の大学と比較したことはありません。私たちは一極集中で得意分野を作ることで、差別化を図っています。

了徳寺健二 の経歴

了徳寺健二、りょうとくじ・けんじ。日本の学校経営者。「了徳寺大学」理事長・学長。鹿児島県出身。高校卒業後、川﨑製鉄に入社。同社柔道部監督を務めたのち、医療法人徳友会を設立。その後、了徳寺学園、了徳寺学園医療専門学校、了徳寺学園リハビリテーション専門学校、了徳寺大学を設立。そのほか、千葉県柔道連盟会長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金持ちがモチベーションを学ぶ先は、老人と若者です。70代、80代で現役の経営者に薫陶を受け、20代、30代の若い起業家の輪の中に飛び込んでいく。先輩の振る舞いを見ることで緩んでいた自分の気持ちを引き締め、斬新な発想で夢を描く若者から凝り固まっている自分を認識し、初心を取り戻そうとするわけです。

新井直之の名言|老人と若者に学ぶ


人を動かすには、人間の心の奥深くに潜在的に眠る「本音」――インサイトに迫る必要がある。インサイトは「洞察」などと訳されることが多い。人間がある行動をとるにあたっての“理由になっていない本音”のようなものをイメージしていただくとわかりやすいだろう。

本田哲也の名言|人を動かすには本音に迫る必要がある


安易に儲けようと思ったり、運がめぐってくるのを待っていてはダメだ。自分でチャンスを作るしかない。

森正文の名言|自分でチャンスを作るしかない


クライアントに課題を与えられたら、まずはそれを疑うところから始めます。「その課題を解決することが、本当にこの会社にメリットがあるのか?」と。そして「なぜ、この課題が出てきたのですか?」と聞いてみる。すると「実はその前にこんなことがあって」「えっ、それはどうして起こったんですか?」という会話になり、議論はどんどん遡ります。課題を与えられるたび、2~3歩下がる感じですね。そうやって下がれば下がるほど、本当の課題が見えてくる。

佐藤オオキの名言|課題を疑うところから始める


日本のおもてなしとはなんでしょうか。たとえば、日本の地方を訪れる人にとって、その地方で体験したいことが明らかなわけではありません。むしろ、迎え入れる側の人が、「この地方に来たらぜひこの料理を食べてほしい」と「押しつける」のが日本のおもてなしであり、日本旅館のやり方だったはず。それを海外でも展開すべきだと我々は思っています。つまり、「バリらしさ」をニューヨークやロンドンの本部で考えるのが西洋ホテル流だとすれば、地域の魅力を一番よく理解している現地スタッフが「バリらしさ」を考えるのが日本旅館流。

星野佳路の名言|地域の魅力を一番よく理解している現地スタッフが「現地らしさ」を考えるのが日本旅館流


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ