水木しげるの名言・格言|私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。


水木しげる の経歴

水木しげる、みずき・しげる。日本の漫画家。大正時代、大阪出身、鳥取育ち。幼少期から絵を描くことが好きで自作の童話をつくっていた。日本大学付属大阪夜間中学(のちの大阪学園大阪高等学校)在学中、太平洋戦争の召集令状が届く。ラバウルへ出征し、爆撃により片腕を失う。帰国し武蔵野美術学校に入学。神戸市兵庫区水木通りにあった安旅館を買い取りアパートとして経営。アパートの住人のつてで紙芝居画家となる。その後、漫画家となり数多くのヒット作を描いた。代表作に『墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)』『河童の三平』『悪魔くん』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が望んでいることがわかったら、心の中でどう思おうと表面上はそれに応えてあげればいい。魂まで売る必要はなく、「はいはい、こういう人なんだから、こうしてあげれば喜ぶんだ」という、まさにゲームの感覚です。そのためには、幽体離脱して自分と上司の関係を俯瞰で見てみる。すると、気に入らない上司が相手でもとても気が楽になります。この意識を持てないと、自分が潰れてしまうでしょうね。

顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。それは、同じことをしたほうが楽だからです。結果、顧客に飽きられる。どの局を見ても同じような番組が流れるテレビ業界などはその典型でしょう。

会社にとって不要な人材というのは、そもそも一日にして出来上がるわけではありません。一度や二度の失敗でたまたま低い評価がついたくらいで切られることはあまりないものです。

会食の席で、もっとこの人と仕事をしたいと思わせるポイントは2つあります。ひとつめは、お店の選択です。誰でも「この人はいい店を知っている」と思われたいもの。接待する立場であれば、取引先の人が自分でデートや接待に使ったとき、「この店いいでしょう」と自慢できる店を選択するのです。ふたつめは、演出です。会食を最高のもてなしの場と位置付けて、自分はリッツ・カールトンのホテルマンのように最高のもてなしができる人間であると演出するのです。

イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。

交渉している相手が良い人物だと思うことが重要。相手に自分を好きになってもらうにではなく、自分から相手を好きにならなければ恋愛が成就しないのと同じです。

事業の強みを作る上で重要なのは、自社ならではのキラーカードを持つこと。他社が持っていない独自性があるからこそ、顧客に必要とされる。

ページの先頭へ