出光佐三の名言|道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある

道徳とは、人間の真心から出ている。こうすればお互いに仲良くいく、ということを真心から考えるというのが、道徳だ。道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある。

出光佐三 の経歴

出光佐三、いでみつ・さぞう。石油元売り会社大手の出光興産創業者。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、神戸で小麦と石油を商う酒井商店に丁稚として入社。25歳で独立し出光興産の前身である出光商会を創業。貴族院議員も務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生で一番大事なことは、自分で自由に考えて、その思いを行動に移すことなんじゃないでしょうか。

蛭子能収の名言|人生で一番大事なことは、自分で自由に考えて、その思いを行動に移すこと


上司からの信頼が部下にとって大きな力になることを、このとき私は学んだ。人間は、誰かが自分の中に可能性を認めてくれれば、自分もそれを伸ばそうとする。自分の能力を買ってくれる人がいる。そのことが、若くて自信のない私をどれほど勇気づけてくれたかわからない。
【覚書き|雑務を担当する受付嬢として入社した不動産会社で頑張りが認められ、不動産ブローカーになる訓練を上司から受けたときを振り返っての発言】

カーリー・フィオリーナの名言・格言|部下にとって上司からの信頼は大きな力となる


人生の修羅場・土壇場・正念場によって培われた忍耐は、私を人間としてたくましく、成長させてくれました。

鍵山秀三郎の名言|忍耐は、私を人間としてたくましく、成長させてくれました


創業者は「会社にまつわるすべての者の要望に応える」「会社の永劫の存続をはかる」という経営理念を設けました。この経営理念は一切ブレていません。

田中通泰の名言|経営理念は一切ブレていない


物流業は典型的な労働集約型産業です。トラックの性能に差があるわけではありませんからね。社員一人ひとりの力が会社の力、会長も社長も正社員もパートもありません。経営者だからといって偉そうなことは言ってはいけない。会社はみんなのもの。言ってみれば、全員が経営者です。

大須賀正孝の名言|会社はみんなのもの


本来、語学を学ぶ目的はその言語を「使う」ことのはず。暗記をする前に、覚えた単語をどのように使うのか。まずは暗記の目的を設定することが重要。具体的には、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4領域のどれを上達させたいのかをハッキリさせること。それに従って覚える単語はもちろん、覚え方も異なる。

安河内哲也の名言|まずは暗記の目的を設定することが重要


体力が衰えてくると「覚える力」に変化が訪れるのもまた事実。私自身、32歳でハーバード大学に入学したときには、昔のように徹夜で知識を詰め込むような勉強法はもう不可能だと気づかされました。そこで考えたのが、より合理的な記憶法――すべての知識をストーリーに見立てて覚える「ストーリー式記憶法」です。記憶には、いわゆる知識を覚える「意味記憶」と、自らの体験を記憶する「エピソード記憶」があります。「いつどこで、何を経験したか」というエピソード記憶は、自分自身の感情と直結するため知識記憶より鮮やかに残り、思い出しやすいのが特徴。ストーリー式記憶法はその特徴を利用して、知識=意味記憶を、エピソード記憶に近い形にして楽しく覚えるという方法です。

山口真由の名言|知識を、エピソード記憶に近い形にして楽しく覚えるといい


メールには片道通行という弱点があります。直接会って話をするときのように、相手の反応を見ながらニュアンスや言葉を修正していくことができません。不適切な表現が入っていても、そのまま伝わってしまい、いつまでも残ります。もし少しでも「失礼だ」と思われたら、そこで関係者の入り口は閉ざされてしまいます。どんな読み手にも失礼にならないよう慎重に言葉を選ぶ必要があります。

橘フクシマ咲江の名言|メールの弱点を熟知して書く


従来の仕組みは右肩上がりの時代のもの。制度疲労を起こしている。業界の変革なくして再浮上はあり得ない。

西村達也の名言|業界の変革なくして再浮上はあり得ない


大きな大会で勝つチームというのは「実力」以外のところで差が出る。それほどのレベルになると、出場チームの力は拮抗するからね。それは「腹を決めて勝負しているか否か」ということ。ひとことで言えば「覚悟」だ。

野村克也の名言|大きな大会で勝つチームが持つもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ