出光佐三の名言|道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある

道徳とは、人間の真心から出ている。こうすればお互いに仲良くいく、ということを真心から考えるというのが、道徳だ。道徳があって、はじめて世界の平和も人類の福祉もある。

出光佐三 の経歴

出光佐三、いでみつ・さぞう。石油元売り会社大手の出光興産創業者。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、神戸で小麦と石油を商う酒井商店に丁稚として入社。25歳で独立し出光興産の前身である出光商会を創業。貴族院議員も務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスは深く静かにやるのが理想。華々しいのは桜と一緒で、パッと咲いてパッと散る。

鈴木修の名言・格言|ビジネスは深く静かに


出口の見えないときは、つくりながら考える。一歩進むと根っこのコンセプトが具体的なアイデアで補強され、骨太になっていく。数えきれないやり取りの中でコンセプトが浸透し、共有され、プロダクトに結実した。重要なのは異なる部門が素早いキャッチボールを繰り返しながら、同じ目標、目標に突き進むことです。

岩田聡の名言・格言|出口の見えないときは、つくりながら考える。


目的やミッションに適ったものでなければ、どんなに先駆的で優れたビジネスモデルでも、収益性が高くとも意味はない。

村田早耶香の名言|目的やミッションに適ったものでなければ意味はない


書くという行為は、入力作業に比べて複雑です。文章を構築し、書く文字を思い浮かべるまでは同じですが、手書きは、文字を手の動きに変換してペンを動かさなければなりません。脳の機能を多く使う手書きの方が、脳の領域を広く刺激するので、脳がより活性化すると考えられる。たとえば、昔のメモを読み返すと、それを書いた時に誰とどこにいたかまで思い出せるのは、活性化した脳が、その時の状況まで一緒に、記憶しているからです。

米山公啓の名言|手書きは脳を活性化させる


ドワンゴで独立してネットゲームの世界から着メロを手がけた。大手はすでにいましたが、着メロ専業の会社はなかった。カラオケやゲームメーカーが「柱の事業を持ったうえで参入している」状況だった。専業で勝負すればイケるだろう、と踏んだんです。ようは僕は常に奇襲で裏をかく。それしかできないんですよ。

川上量生の名言|僕は常に奇襲で裏をかく。それしかできないんですよ。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ