石原慎太郎の名言|歴史が分からなければ現実感覚はできてこないし、目の前の問題にも対処できない

ヘーゲルが言ったみたいに、歴史というのは一番現実的なんで、歴史が分からなければ現実感覚はできてこないし、目の前の問題にも対処できない。

石原慎太郎 の経歴

石原慎太郎、いしはら・しんたろう。日本の政治家、小説家。デビュー作「太陽の季節」が芥川賞受賞。ベトナム戦争の取材から政治家を志し、参議院議員選挙に出馬。その後、参議院議員1期、衆議院議員8期、福田赳夫内閣の環境庁長官、竹下内閣の運輸大臣を歴任し、東京都知事。一橋大学卒

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様目線を身につけるには、買う立場になればいいのです。売らなければいけないという考えでは駄目です。

相澤賢二の名言|買う立場に立つことの重要性


通常の仕事なら、6~7割くらいいけると思うなら、やってみることです。巧遅であるよりは、拙速であった方がずっといい。間違えたと思ったら、途中で修正して、精度を高めていけばいいんです。

吉越浩一郎の名言|巧遅であるより、拙速で


うちの商品はやや高いですけれど、安売りすることは絶対にしません。売るのは空港、百貨店の催事、生協とショッピングチャンネルのみです。ブランド戦略ですよ。あとはいやらしくない範囲で、俺がメディアを使って宣伝します。やっとそういうことができるようになりました。

田中義剛の名言・格言|安売りは絶対にしない


男女問わず25歳から35歳の間によいメンター(師)と出会えるかどうかが、キャリアを重ねるうえで大きく影響します。メンターとの出会いを活かし、相手に「成長をサポートしてあげたい」と思ってもらうにはコツがあります。自分よりも年齢や地位が上の人に対して、素直に尊敬の念を持ち、優れたところに感心する力を持つことです。私自身、若い方と接していると、年長者を批判的に見て斜に構えている人はすぐにわかります。

坂東眞理子の名言|メンターにサポートしてもらいやすい人の特徴


経済学は、過去や想定される未来を踏まえて意思決定する手法を体系化させた学問です。「お金儲けのための学問」と思われがちですが、ここ20年の間に、「行動経済学」「経済心理学」といった分野が発達し、人の心理に踏み込んで研究が進められるようになって内容は大きく変わりました。人の生き方を探るうえで様々なヒントを得ることができる。一般の人も、経済学の考え方を使わないともったいないというのが私の持論です。

柳川範之の名言|経済学を学ぶと、人の生き方を探るうえで様々なヒントを得ることができる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ