石原慎太郎の名言|歴史が分からなければ現実感覚はできてこないし、目の前の問題にも対処できない

ヘーゲルが言ったみたいに、歴史というのは一番現実的なんで、歴史が分からなければ現実感覚はできてこないし、目の前の問題にも対処できない。

石原慎太郎 の経歴

石原慎太郎、いしはら・しんたろう。日本の政治家、小説家。デビュー作「太陽の季節」が芥川賞受賞。ベトナム戦争の取材から政治家を志し、参議院議員選挙に出馬。その後、参議院議員1期、衆議院議員8期、福田赳夫内閣の環境庁長官、竹下内閣の運輸大臣を歴任し、東京都知事。一橋大学卒

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

減益した時の取締役会や社内の雰囲気は、まるで赤字転落したような空気でした。やはり15期続いた増収増益を途絶えさせたことがショックだったのです。しかしそれが逆にフットワークのよさを生みました。かなりスピード感をあげて改善を行ったため、結果的には14億円も計画を上回ることができました。あのショックがあったからこそ1年間でそれを改善できたのだと思います。

西川光一の名言|危機感があると改革が進む


何か新しいことをやりたいと言い出した人を、押さえつけるようなことはしません。そこから、アグレッシブな社内風土が根づいているのだと思います。

橋本雅博の名言|新しいことをやりたい人を押さえつけない


効率的に使う必要があるとしたら、お金より時間でしょう。やりたいことがたくさんあるから、時間を無駄にしたくない。お金で時間を買えるのであれば惜しまず使います。たとえばスケジュール管理って、意外に時間を取られるでしょう。こういったものは丸投げしたほうがいい。

堀江貴文の名言|お金より時間


資産とは、「貯める」ものではなく、配分を「デザインする」もの。

内藤忍の名言|資産とは、「貯める」ものではなく、配分を「デザインする」もの


食文化の交流で融合が起きると、新しい食べ方が生まれ、しょうゆの可能性はさらに広がっていく。世界に目を向ければ、我々が日常的に使っているしょうゆの概念を変えるような可能性がある。

堀切功章の名言|世界に目を向ければ、我々が日常的に使っているしょうゆの概念を変えるような可能性がある


意味のない議論を延々と続ける人たちは、それがもはや議論では収束できない「価値観の違い」であることに気付いていない。

橋下徹の名言|意味のない議論を延々と続ける人たちが気付いていないこと


社内ベンチャーでJTBモチベーションズを立ち上げようとしたとき、多くの役員から反対を受けました。でも私は平気でした。反対されるということは、このビジネスがそれだけ斬新だということ。私の中には常に「イノベーションを起こしたい」という気持ちがあるので、反対されればされるほど、やる気が湧きました。

川村益之の名言|反対されるということは斬新だということ


目標を立てて頑張ろう、と思っているビジネスマンの方々の意欲を削ぐようで申し訳ないのですが、人の世は災難続き、平凡になんとか生き延びるだけでも奇跡、というのが私の人生観です。

香山リカの名言|平凡に何とか生き延びるだけでも奇跡


「雇われ脳」の特徴のひとつが、目先のお金に執着しすぎることです。「ガチョウと黄金の卵」というイソップ寓話と同じです。近視眼に陥り、ガチョウの腹を開けてしまった結果、すべてを失ってしまうのです。歴史をもっと学んで、長期的なものの考え方を身につけるといいと思います。

北川邦弘の名言|目先のお金に執着しすぎないことが大切


必要であれば前倒しで損失を計上し、新たな課題に挑戦するという「損切り文化」なしに、企業は成長を実現できません。これは野村グループの創始者、野村徳七翁以来の「先取の精神」による伝統でもあります。

橋本昌三の名言・格言|進んで損切りすることができない企業は成長できない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ