塚越寛の名言|「踏襲」ではなく、「改革」のみが仕事

仕事の現場は、厳しいものです。「踏襲」ではなく、「改革」のみが仕事と呼べるのではないか。そういう考えのもと、様々な種をまくために、全社員の1割を研究開発部門に充ててきました。

塚越寛 の経歴

塚越寛、つかこし・ひろし。日本の経営者。伊那食品工業会長。長野県出身。肺結核により高校を中退。21歳のとき、働いていた材木会社社長から系列会社、伊那食品工業の社長代行に就任することを求められ同社に入社。倒産寸前だった伊那食品工業を大きく成長させた。主な著書に『いい会社をつくりましょう』『リストラなしの年輪経営』『幸福への原点回帰(共著)』など。日本寒天工業協同組合理事長なども務めた経営者。主な受賞歴に、科学技術庁長官賞(科学技術振興功績者表彰)、農林水産大臣賞(リサイクル推進協議会)、黄綬褒章、優秀経営者顕彰制度最高賞最優秀経営者賞(日刊工業新聞社)など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「もう自分のやりたいことを追い求めている年齢じゃない」そんなふうに感じている30代の人もいるかもしれません。何の足がかりもないからと、挑戦を躊躇する人もいるでしょう。でも、あなたが一歩を踏み出せば、必ず助けになってくれる人は現れます。

阿部祐二の名言|一歩を踏み出せば、必ず助けになってくれる人が現れる


お金は人の欲望を際限なく拡大させる怪しいものだからこそ、本人がどう使いこなすかが大事になってくる。

黒鉄ヒロシの名言|お金は本人がどう使いこなすかが大事


うまく伝えるのは経営者の仕事。下手だと株主から訴えられるとなれば、真剣にやる人は増えるはず。

外村仁の名言|うまく伝えるのは経営者の仕事


会社の仕組みだからと諦めるのはなく、それを変えるぐらいの気概を持て。

山元賢治の名言|変えるぐらいの気概を持て


洋服の伝統がなかった日本人だからこそ、既存の常識にとらわれず発想できる。

柳井正の名言|洋服の伝統がなかった日本人だからこそ、既存の常識にとらわれず発想できる。


相手の言動や行動に対する自分のとらえ方を見つめ直してみましょう。その一つが、「今の状況を乗り越えると、この先にどんな良いことが待ち受けているか」と考えることです。なんのために目の前の仕事をやっているかわからない状態だと、目先の辛さばかりに目がいってしまい、心が折れてしまいますが、自分の将来のためだと思えれば、辛さにも耐えられることがあります。

田中稔哉の名言|将来のためだと思えれば、辛さにも耐えられることがある


顧客のデータと業務の流れを詳細に理解すると商機は広がる。複合機以外にも様々なビジネスチャンスがある。

山下良則の名言|顧客のデータと業務の流れを詳細に理解すると商機は広がる


「人は人、自分は自分」と考えられれば、余計な不安を抱えずに生きていける。

枡野俊明の名言|「人は人、自分は自分」と考えられれば、余計な不安を抱えずに生きていける


人間は感情の動物であり、人生の豊かさは喜怒哀楽の総量。

出口治明の名言|人生の豊かさは喜怒哀楽の総量


どこかの会社に花の種の芽生えを見つけたら、花が咲くまでに5年は待っても構わないと思って臨めば、思いがけない銘柄を見つけられるものです。

竹田和平の名言|花が咲くまでに5年は待っても構わないと思って臨めば、思いがけない銘柄を見つけられるもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ