塚越寛の名言|「踏襲」ではなく、「改革」のみが仕事

仕事の現場は、厳しいものです。「踏襲」ではなく、「改革」のみが仕事と呼べるのではないか。そういう考えのもと、様々な種をまくために、全社員の1割を研究開発部門に充ててきました。

塚越寛 の経歴

塚越寛、つかこし・ひろし。日本の経営者。伊那食品工業会長。長野県出身。肺結核により高校を中退。21歳のとき、働いていた材木会社社長から系列会社、伊那食品工業の社長代行に就任することを求められ同社に入社。倒産寸前だった伊那食品工業を大きく成長させた。主な著書に『いい会社をつくりましょう』『リストラなしの年輪経営』『幸福への原点回帰(共著)』など。日本寒天工業協同組合理事長なども務めた経営者。主な受賞歴に、科学技術庁長官賞(科学技術振興功績者表彰)、農林水産大臣賞(リサイクル推進協議会)、黄綬褒章、優秀経営者顕彰制度最高賞最優秀経営者賞(日刊工業新聞社)など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員がミスをしたらそのとき対処すればいい、業績が下がってきたら上げればいい。流れに任せることで、心穏やかでいられる。

栗山敏昭の名言|流れに任せることで、心穏やかでいられる


韓国に百貨店をつくるので来て欲しいと呼ばれた当時、韓国にも百貨店はありましたが、私が見る限り様々な問題があるように思えました。とりわけひどいと思ったのが従業員の接客態度です。売り場で腕組みしていたり、商品を見るだけで買わずに立ち去るお客様に「チッ」と舌打ちしたり、といった具合です。私は店に来たお客様に楽しく買い物をしてもらえるように、日本の百貨店でやっているようなお辞儀を導入することにしました。社内には「お辞儀などどこもやっていない」という批判もありましたが、結局、押し通しました。百貨店が開業すると、お辞儀の接客は大きな話題となりました。ところが、ある日、一人のお客様が私にこんなことを言ってきたのです。「何も買っていないのに、ありがとうと言われるのはやはりおかしい」。お客様の言葉に、私は日本式の接客を続けるかどうか悩みました。それでも、お客様を大事にする姿勢は間違っていないと信じ、続けることに決めたのです。すると、そのうちにほかにもお辞儀をする店が出てくるようになり、今ではどこの百貨店でもお辞儀をするのが当たり前になりました。

秋山英一の名言|正しいと思ったことを続けることが大切


制度や仕組みを取り入れても、上層部の真摯さが欠ければ効果は上がらない。

矢部輝夫の名言|制度や仕組みを取り入れても、上層部の真摯さが欠ければ効果は上がらない


最近の若い人にはたくましさを感じています。入社試験の面接で話をしてみると、「大学を休学してアフリカに行っていました」とか、「インドの山奥に行きました」とか、うちにはそういう人材がたくさん来る。

川名浩一の名言|最近の若い人はたくましい


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。

上田輝久の名言|スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ