伊藤洋之輔の名言|顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。

伊藤洋之輔 の経歴

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく制度が長続きするコツを聞かれることがあります。確かに、制度を作っても長続きしない企業は少なくないようです。それは、社員が制度の意味を真に理解していないからでしょう。

小林一雅の名言|新しい制度を作っても定着しない会社の特徴


会社でも国でも、できる人がどれだけ生まれ、その力を発揮するかで全体の力が変わってきます。ダメな人の力を管理によって底上げするのは、かなりの時間がかかります。それよりも、できる人の力を解き放つことが重要なのです。

森川亮の名言|できる人がどれだけ生まれ、その力を発揮するかで全体の力が変わってくる


ホールディングスを相当研究したことがあるのですが、自主独立がなくなることと、ホールディングスと事業会社のどちらに経営責任があるのか、よくわからなくなるということでやめました。文句を言うだけのホールディング会社では意味がないですし、アメリカからシステムを持ってきただけのものだと思ったので、私は日本の経営にはそぐわないと判断しました。

岡田裕介の名言|研究してから判断する


怖いと思うことから逃げるのもダメ。むしろ「怖いもの見たさ」くらいの心持ちの方がいい。その怖いところに自分も入れてもらいたい、という気持ちを持つことができれば、その組織の中で成長し、自分の希望していることも与えられるようになるはずです。

上田準二の名言|怖いと思うよりも、怖いもの見たさくらいの気持ちを


どうしたら話がうまくなるのか。逆説的ですが、人の話を聞くことです。人の話を理解しようと努めれば、自分にない人の性質や発言の真意を想像するでしょう。ひいては、聞き上手が話し上手になり、芸が上達するんです。

桂歌丸の名言|聞き上手が話し上手になり、芸が上達する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ