稲盛和夫の名言|リーダーはドーンと構える

リーダーは右往左往して取り乱してはいけない。何が本物かということを、心眼を見開いてですね。ドーンと構えて、意見を聞くにしてもですね、自分の心眼を開いて聞かなければいけません。

稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「先送り」という言葉は悪い印象がありますが、「迷った時の決断は間違いやすい」という前提に立てば、決めずに先送りにする判断が正しいと言える場面も少なくありません。先送りにして根本から状況や問題を見直すと、フッと自然に決断できることもあります。

藤田晋の名言|決めずに先送りにする判断が正しいと言える場面も少なくない


業績も株価も好調で、伸びしろも残されている、そういう最高のタイミングで会社を売った方が、残る社員のためにもなる。リストラもされませんし、引き受ける会社が大切にしてくれますから。それが、今だったというわけです。

森正文の名言|好調なときに会社を売った方が社員のためになる


経営とは日々の発見であり、その積み重ねです。別の言葉で言えば、発明の連続なのです。新商品や新しい販売方法を発明する。販路を開拓する。広告宣伝の方法を開発する。新しい人脈を開拓する。

大川隆法の名言|経営とは日々の発見


一部の出世した同期と自分を比べても何も得られない。役職定年後はセカンドライフの生き方を考える準備期間だと考え、自分がやりたいことは何かを探していると毎日の生活が楽しくなる。

楠木新の名言|自分がやりたいことは何かを探していると毎日の生活が楽しくなる


人は自ら育つ。育てられた人って、あまり見ないですよね。

小林健の名言|人は自ら育つ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ